若桜鬼ヶ城
●地図● 鳥取県八頭郡若桜町若桜 GPSログ(KML形式)GPSログ(GPX形式) 2019年8月15日更新(訪問日:2010年7月31日、2019年8月5日)
◆概要◆
因幡三名城のひとつで、矢部暉種により築かれたとされます。 矢部氏が16代にわたって居城とした後、1575年に尼子氏再興を目指す山中鹿介により攻め落とされました。 その翌年、吉川元春により攻め落とされましたが、1578年に羽柴秀吉が攻め落とし、木下重賢を城主としました。 木下重賢は関ヶ原の戦で西軍に味方したため改易され、山崎家盛が城主となりました。 しかし、1615年の一国一城令により廃城となり破却されました。 標高452mの鶴尾山山頂部から尾根部分に曲輪群があります。 主に木下・山崎氏時代の主要部と国人・矢部氏時代の古城部に分けられ、中世城郭と石垣で作られた近世城郭の両方の遺構が残っています。 主要部の石垣には一国一城令による破城の形跡が見られ、各所に崩された石垣が残されています。 鳥取県教育委員会が1998年から2003年にかけ実施した城館分布調査で、全国的にも類を見ない遺構を発見。 国の史跡級の城跡であることが確認されました。 土地の権利などの問題で史跡指定は難航しましたが、2008年3月28日にようやく指定されました。 2017年4月6日には続日本100名城に選出されました。

●続日本100名城スタンプ設置場所●
 二の丸作業小屋
 常時押印可
 若桜町観光案内所 地図
 開いている時間:7時〜18時半
 若桜郷土文化の里たくみの館【冬期間のみ】 地図
 開館時間:9時〜17時
 休館日:月曜日、12月29日〜1月3日

若桜駅前にある観光案内所

馬場

馬場の奥まで車で登れます

駐車場脇の堀切

獣避けの電気柵を開けて進みます

ホウヅキ段の石垣

ホウヅキ段の脇から奥へ進みます

搦手門跡

崩された本丸の石垣

二の丸作業小屋(スタンプありました)

城址碑と崩された石垣

三の丸虎口の石垣

三の丸

三の丸の虎口の石垣

本丸の下の方の虎口

本丸の上の方の虎口

虎口から見た本丸と天守台

上から見た本丸の虎口

本丸

天守台

別の角度から見た天守台