鞠智城
●地図● 熊本県山鹿市菊鹿町米原 2019年9月7日更新(訪問日 2008年8月6日、2019年8月10日)
◆概要◆
鞠智城は663年の白村江の戦いで唐・新羅の連合軍に大敗した大和朝廷が、来るべき来襲に備えて西日本各地に築いた城の1つとされます。 また、大和朝廷が九州南部の統治と隼人経略を目的とした、とする説もあります。 築城年代は不明ですが『続日本記』の698年5月25日の条に「大宰府をして、大野、基肄、鞠智の三城を繕治せしむ」との記載があり、それ以前に築かれていたことが判明しています。 九州を統治していた大宰府や、それを守るための大野城・基肄城に武器・食糧を補給する支援基地であったと考えられています。 1967年度からの熊本県の発掘調査により、全国的にも珍しい八角形建物跡をはじめとする72棟の建物跡や、貯水池跡、土塁跡など貴重な遺構が相次いで発見されました。 こうした発掘調査の成果に基づき、1994年度から4棟の建物(八角形鼓楼、米倉、兵舎・板倉)の復元をはじめ、城の立地や規模、構造などを体験的に学習できる歴史公園として整備されました。


案内図(文字が小さいので書き足しました)
●続日本100名城スタンプ設置場所●
 温故創生館
 開館時間:9時半〜17時15分(入館は16時45分まで)
 入館料:無料
 休館日:月曜日(祝日の場合はその翌日)、12月25日〜1月4日

温故創生館

八角形鼓楼

米倉と八角形鼓楼

深迫門跡(草深く近づけず)

堀切門跡の説明板

堀切門跡

南側土塁線の説明板

土塁がわからず・・・

南側土塁線から見た城内

池の尾門跡の説明板

門の跡は埋め戻されたようです

休憩所下の堀跡

西側土塁線の説明板

宮野礎石群にある礎石

板倉