門司城
●地図・アクセス● 福岡県北九州市門司区門司 2011/1/2(訪問日 2011/1/1)
◆概要◆
平安時代末に京を追われた平家が、源氏との来るべき決戦に備えて築いたのが始まりとされます。 鎌倉時代になると下総親房が平家残党鎮圧の下知奉行として、豊前国代官職に任じられて下向してきました。 下総親房は門司城を本城として領内に足立・吉志・若王子・三角山・金山の五支城を構え、それぞれ一族を配置しました。 門司氏はその後約350年にわたって北九州の地を支配し続けました。 南北朝時代には門司氏が南北両派に分裂し、門司城には北朝方の門司親尚が拠り、猿喰城の南朝方・門司親頼と骨肉の争いを演じました。 その後、大内氏、毛利氏が九州での勢力拡大の拠点としたため、大友氏との間で激しい争奪戦が繰り広げられました。 豊臣秀吉の九州征伐後も重要な拠点として扱われましたが、江戸時代に一国一城令によって廃城となりました。 明治時代に入ると周防灘、関門の両海面制圧を目的に古城山砲台が設置されました。 その際に城跡の遺構がかなり破壊されましたが、石垣や石段などが残っています。 現在は和布刈公園として整備されており、本丸跡からは関門橋がよく見えます。


駐車場にある案内図

説明板

古城山砲台の倉庫

石垣

石垣

城址碑

壇ノ浦古戦場の上に架かる関門橋