なぽのホームページ
ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

トップページに戻る 山梨県のお城 日本100名城・続日本100名城
武田氏館
●地図・アクセス● 山梨県甲府市古府中町(武田神社) 2017/12/24更新(訪問日 2007/7/28、2015/4/26)
◆概要◆
武田信虎が1519年に石和からこの地に本拠地を移したことから始まります。 甲府盆地の北端、相川扇状地にあり、東西を藤川と相川に囲まれ、背には詰城である要害山城を配置しています。 館は一辺が約200mの正方形の主郭(現・武田神社)を中心に、周囲の副郭とで構成されていました。 館の周りには家臣の屋敷が建てられ、南方一帯には格子状に整備された城下町が開けていました。 武田勝頼が新府城へ移転する際に破却されましたが、武田氏滅亡後に再び甲斐国支配の拠点となっています。 徳川家康によって館域は拡張されて天守も築かれましたが、1590年に徳川家臣・平岩親吉によって甲府城が築城されると廃城となりました。 現在、城跡には武田神社があります。


武田神社全図
●100名城スタンプ設置場所●
 武田神社宝物殿
 拝観時間:10時〜16時
 お休み:年中無休
 拝観料:高校生以上 300円、小学生・中学生 150円、未就学児 無料

神橋から左側を見た所

武田神社正面の入口

神橋から右側を見た所

正面入口脇にある石碑

説明板

説明板の図(拡大)

甲陽武能殿

武田神社社殿

宝物殿

土塁は高さ5m程

大手門

大手門の前の堀

大手門前の石積み

大手門前の馬出し

大手門前の馬出し

本丸と西曲輪の間の堀(南側)

西曲輪の虎口

西曲輪内部

西曲輪の土塁も高いです

本丸と西曲輪の間の堀(北側)

西曲輪北側の枡形虎口

西曲輪北側の土橋

外側から見た西曲輪北側の枡形虎口

稲荷曲輪の石垣
トップページに戻る 山梨県のお城 日本100名城・続日本100名城