ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 山梨県
甲府城
2015/11/28更新
2009/9/25記
(2007/7/28訪問)

稲荷櫓(復元)

●概要●
甲府城は、別名・舞鶴城とも呼ばれ、甲府市中心街の一条小山にあった。武田氏滅亡後に徳川氏や豊臣系大名により築かれ、新たに城下町が整備され、江戸時代には甲斐国統治の拠点となった。明治時代の廃城処分後、甲府城は殖産興業政策において建物などが破却された。さらに中央線甲府駅(甲府城清水曲輪跡)の開業により城跡は分断されたが、戦後は発掘調査や史跡整備が進み、本丸・天守曲輪及び天守台・稲荷曲輪・鍛冶曲輪の石垣、堀の一部が残されている。

●歴史●
平安時代末期 甲斐一条氏が一条小山に居館を構える。
鎌倉時代 源頼朝により甲斐武田氏の勢力が削がれる。
一条忠頼の死後は尼寺となり、後に時宗の一蓮寺となった。
1583(天正11)年 徳川家康が家臣の平岩親吉に命じて一蓮寺を移転させ、一条小山に築城を開始。
1590(天正18)年 徳川家康が関東へ移封。豊臣秀勝が城主となる。
1591(天正19)年 加藤光泰が城主となり築城を再開。
1593(文禄2)年 浅野長政・幸長父子が城主となり城が完成。
1601(慶長6)年 平岩親吉が再び城代になる。
1603(慶長8)年 徳川義直(家康の九男)が城主となる。
1616(元和2)年 駿府城主・徳川忠長(秀忠の二男)の支城となる。
1661(寛文元)年 徳川綱重(家光の三男)が城主となる。
1704(宝永元)年 綱豊(綱重の嫡男)が将軍世嗣として江戸城に入り、徳川家宣と改名。
1705(宝永2)年 柳沢吉保が城主となる。
1724(享保9)年 柳沢吉里(吉保の嫡男)が大和郡山へ転封し、幕府領となる。
1727(享保12)年 甲府城で大火が発生。
1734(享保19)年 盗賊が侵入し、1400両が盗まれる(甲府城御金蔵事件)。
1868(明治元)年 明治維新。板垣退助らが無血入城。
1873(明治6)年 廃城となる。
2003(平成15)年 稲荷櫓が復元された。
2007(平成19)年 北側の山手渡櫓門が復元された。

平岩親吉
(ひらいわ ちかよし)

1542年、平岩親重の子として現在の愛知県額田郡幸田町で生まれた。徳川家康の覇業を支えた功臣の一人であり、徳川十六神将の一人に数えられる。家康と同い年であったことから、家康が人質時代から付き従った。家康の信任は厚く、家康の嫡男・松平信康を傅役として補佐した。武田氏滅亡後は甲斐の郡代として武田遺臣を慰撫し、国内経営に尽力。家康が関東へ移封すると、厩橋を与えられた。関ヶ原の戦後は徳川義直を後見となり、義直が名古屋藩主に転ずると、犬山藩主として12万3,000石を領し、義直付の家老として藩政を執行した。1611年12月30日、名古屋城二の丸御殿で死去。享年70。
柳沢吉保
(やなぎさわ よしやす)

1658年12月8日、上野国館林藩士・柳沢安忠の長男として生まれる。家系は甲斐源氏武田氏の一門で、武田氏滅亡後は徳川家康に登用された。はじめは小身の小姓であったが、第五代将軍・徳川綱吉の寵愛を受けて次第に出世し、大老にまで上り詰めた。綱吉の後継に甲府藩主徳川家宣が決まると、家宣の後任として甲府藩15万石の藩主となった。甲府藩主はそれまで徳川一門に限られていたため、綱吉が激しく吉保を寵愛していたことがうかがえる。しかし、1709年3月29日、綱吉が死去したことで、幕府内の勢力図は一変。将軍家宣と新井白石が権勢を握ると、綱吉の近臣一派は勢いを失った。吉保はこうした状況を察知して自ら幕府の役職を辞し、家督を嫡男の吉里に譲って隠居した。その後、吉里は甲府藩から大和郡山藩に移されたものの、15万石の知行が減封されることはなかった。一方、他の綱吉近臣は新井白石らと対立し、免職の上減封されている。こうして見ると吉保の身の処し方は見事であった。忠臣蔵などでは黒幕・悪役として描かれる事が多いが、実際には川越藩主時代の三富新田開発など行政面での業績は評価されている。

天守台

甲府城跡でひときわ高くそびえるのが天守台である。だが、天守閣が存在したかどうかについては現在のところはっきりしていない。学術調査により出土した金箔瓦や鯱瓦などは豊臣系天守閣特有のもので、天守が存在していた可能性を示唆している。一方、文献史料においては現在に至るまで復元の手がかりとなる絵図や古文書などは確認されていない。

舞鶴公園の配置図

●100名城スタンプ設置場所●
・舞鶴城公園管理事務所(8:30〜17:00)
・稲荷櫓(9:00〜16:30:入館は16:00まで)
(両方とも休みは月曜(祝日の場合は開館)、祝日の翌日、12月29日〜1月3日)

●地図● 山梨県甲府市丸の内
TopPage > 山梨県