ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 山口県
高嶺城
2010/8/30記
(2010/8/4訪問)

石垣
 
●概要●
大内氏最後の当主・大内義長により高嶺城の築城が始められた。大内義長は、1551年に陶隆房らに迎えられて当主となったが、1555年の厳島の戦いで陶晴賢が敗れ、大内氏は壊滅的な被害を受けた。これに乗じて攻勢を加える毛利元就の侵攻に備えるべく、築城が開始された。しかし、毛利氏による侵攻は予想以上に早く、1557年に毛利氏が山口に侵攻。義長は未完成のままの高嶺城に拠らざるを得なくなる。結局、義長はこの城を放棄して長門国の且山城へ逃れ、その地で自害した。大内氏の滅亡後、高嶺城の築城は毛利氏によって再開され、完成した。城代として市川経好が入り、山口支配の拠点となった。1569年、大友義鎮の支援を得た大内輝弘は豊後国より周防国へ侵攻した。大内氏残党の支援を得た輝弘は山口を制圧し、高嶺城を包囲した。城主・市川経好は九州に在陣中のため不在であったが、経好の妻が指揮を執り奮戦したという。城の守りは固く、輝弘は城を落とすことはできなかった。その間に九州より反転してきた毛利軍の前に敗北し、輝弘は自害した。1600年の関ヶ原の戦いの後、毛利氏は周防・長門の2ヶ国に減封された。毛利輝元は新たな根拠地の候補地として、長門国萩の指月山・周防国防府の桑山とともに高嶺を幕府に提出したが、要地である山口への拠点移動は許されなかった。このため、萩城が毛利氏の本拠となった。1615年の元和一国一城令により破却されることが決定し、1638年に廃城となった。のちに、城址が山口城の詰めの城として使用された。

●歴史●
1556(弘治2)年 大内義長により築城が開始される。
1557(弘治3)年 未完成のまま毛利元就の侵攻を受け、大内義長は敗退。毛利氏は築城を続け、市川経好が城代となる。
1569(永禄12)年 大内輝弘が豊後国より侵攻。高嶺城は城主不在であったが落城せず、毛利軍の反撃により大内軍は敗退する。
1638(寛永15)年 廃城となる。

●アクセス●
国道9号/県庁前附近より木戸公園方面の道に入り、NHKのTV中継所まで登ることができる。
駐車スペースあり。

●地図● 山口市上宇野令
TopPage > 山口県