ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 和歌山県
手取城
2012/3/25
(2011/8/1訪問)

城址碑
●概要●
手取城の築城年は不明だが、南北朝時代の1352年から1379年の間に和佐に進出した玉置氏により築かれたと考えられている。玉置氏はもとは熊野・玉置社の別当職であり、古くからの土豪であった。その一族が川沿いに下り、川上庄の川上則秋を滅ぼして和佐・別所谷に城を築いたと伝わる。川上氏を滅ぼしたのは湯川氏との説もあるが、湯川氏も鎌倉時代には熊野に居り、玉置氏と同じ頃に亀山城を築いて本拠としたことから、行動を共にしていたと考えられる。その後、湯川氏は足利将軍家とのつながりを強め、紀伊の在地領主の中では随一の影響力を持つに至る。応仁の乱や畠山氏、細川氏、三好氏の内紛で戦乱続きであったが、湯川氏と玉置氏は常に行動を共にしていた。だが、1585年の豊臣秀吉による紀州征伐では意見が分かれた。玉置直和をはじめ白樫氏や神保氏、湯川一族の中にも降伏を勧める者があったが、湯川直春は徹底抗戦を主張してお互いに譲らなかった。そのため、玉置氏らは湯川氏と袂を分かち、それぞれ城に籠ったが、直春に攻められ落城した。その後、玉置直和は出家して玉置永直が家督を継いだ。永直は紀伊の主となった豊臣秀長仕え、手取城主に返り咲いた。だが、関が原の戦いでは西軍についたため改易された。おそらくこの時に廃城になったと思われる。城跡は曲輪や堀切、土塁などの遺構がよく残り、城址碑や説明板などが設置されている。

●歴史●
南北朝時代 川上(山崎)城の川上氏を滅ぼした玉置氏により築かれたと考えられる。
1585(天正13)年 豊臣秀吉の紀州征伐の際、徹底抗戦を主張する湯川直春により攻め落とされる。


土塁

説明板1

説明板2

登城口

●地図● 和歌山県日高郡日高川町和佐

大きな地図で 和歌山県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 和歌山県