ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 和歌山県
安宅本城
2011/11/2記
(2011/7/31訪問)

水田の中に残る石積み
●概要●
安宅本城は、河内・紀伊・阿波の守護となった小笠原氏が熊野に所領を得た際に築かれた。周囲には多数の支城が築かれており、日野川対岸にある日置大野城の他に詰めの城として北300mの所にある八幡山城、東の勝山に勝山城、日置川上流には中山城や土井城などがある。安宅氏は小笠原氏の末裔であり、畿内一円を支配下に置いた三好氏や阿波の十河氏とは同族である。安宅氏は熊野水軍を率いて紀伊水道や熊野灘の海上交通を掌握していた。一大勢力を築き上げた安宅氏だが、内訌により大きく衰退する。1526年に当主・安宅実俊が没し、子・安定が幼いため実俊の弟・定俊が一時的に家督を継いだ。しかし、1530年、安定が元服しても定俊が家督を返さなかったため争いとなった。この争いでは定俊が破れ切腹したが、勝利した安定側も大きく消耗し、やがて来る豊臣秀吉の紀州征伐後は豊臣秀長に従った。現在、城跡は水田地帯に点在しており、石積みなどが残っている。

●歴史●
1227(安貞元)年 土佐に配流されていた土御門上皇を熊野衆が奪還しようという誤報が流れた。この時に阿波国守護であった小笠原長清が多知(のちの安宅)を所領に加えて城を築いた。
1330年頃 元弘の乱の頃、小笠原頼春が熊野を本拠とし、多知を安宅と改めて安宅姓を名乗った。
1526(大永6)年 安宅実俊が病没。家督は弟・定俊に預けられたが、嫡男・安定が元服後も家督を譲らなかったため、一族を二分する「安宅一乱」が起こった。この乱により安宅氏は衰退する。
1585(天正13)年 豊臣秀吉による紀州征伐で豊臣秀長に降伏する。


遠景

石積み

●地図● 和歌山県西牟婁郡白浜町安宅
TopPage > 和歌山県