ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 鳥取県
羽衣石城
2009/1/17記
(2008/5/4訪問)

模擬天守
 
●概要●
羽衣石川上流にある羽衣石山(標高372m)は、山陰道と東郷池に臨む東伯耆の要衝にあたる。南条氏歴代の本拠地で、尼子氏や毛利氏と激しい攻防を繰り返した。本丸を中心に放射状に広がる北方尾根と西方尾根には90余に及ぶ砦群が階段状に設けられている。特に東方尾根は峰伝いに攻撃されやすい弱点のため、数段の砦と堀切で防御していた。しかし、吉川元春との攻防戦の際はこの東方尾根からの攻撃を支えきれずに落城している。その後、毛利氏が羽柴氏と和睦して南条氏がこの地に復帰したが、関ヶ原の戦いで西軍についたため改易となり、廃城となった。山頂には1931(昭和6)年に南条氏の子孫によって模擬天守が建てられた。1990(平成2)年には現在見られる模擬天守に建て替えられた。

●歴史●
1366(貞治5)年 南条貞宗が築城。
1524(大永4)年 「大永の五月崩れ」により落城。南条宗勝は山名氏を頼る。
1562(永禄5)年 南条宗勝が毛利氏の支援を受けて羽衣石城を取り返す。
1579(天正7)年 南条元続が毛利氏に背き羽柴秀吉につく。
1582(天正10)年 吉川元春の大軍に攻められ落城。
1584(天正12)年 毛利氏が羽柴秀吉と和睦し、伯耆国東3郡が南条氏の領地となる。
1600(慶長5)年 南条元忠は関ヶ原の戦いで西軍についたため改易。廃城となる。
1931(昭和6)年 南条氏の子孫により、山上に模擬天守が建てられた。
1990(平成2)年 模擬天守が建て替えられ、中腹まで車道が整備された。



●地図● 鳥取県東伯郡湯梨浜町羽衣石

大きな地図で 島根県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 鳥取県