ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 東京都
志村城
2013/1/14記
(2011/8/13訪問)

熊野神社

●概要●
志村城は築城年代は不明だが、豊島氏一族の志村氏により平安時代に築かれたと考えられている。二の丸跡に現在も鎮座する熊野神社の社伝では、1042年に志村将監が紀州熊野から勧進して創建したとされる。神社のある所に後から城を築くとは考えにくく、城の中に戦勝祈願として神社を構えたと思われる。1455年に古河公方と上杉氏が争った享徳の乱で豊島氏が太田道灌に敗れ、志村城は千葉実胤・自胤兄弟の親類である千葉信胤が城主となった。その後、本家の豊島氏は1477年に長尾景春の乱で太田道灌により滅ぼされた。だが、扇谷上杉氏は讒言により太田道灌を暗殺すると没落し、北条氏により領地を侵食され始めた。1524年には北条氏綱により江戸城が落城し、志村城もこの時に落城したと伝わる。千葉氏は北条氏に仕えて1590年の小田原征伐で滅びたことから、志村城もこの時に廃城になったと考えられる。城は荒川の南岸にある舌状台地の地形を利用して築かれ、志村三丁目駅側は断崖となっている。二の丸跡には熊野神社があり、社殿の脇には空堀も現存する。また、社殿からまっすぐ南に延びる参道には城址碑が設置されている。その西にあったとされる本丸跡には高層マンションが建ち並んでいる。

●歴史●
平安時代 豊島氏一族の志村氏により築かれたと考えられる。
1456(康正2)年 千葉自胤の領地となり、千葉信胤が城主となる。
1524(大永4)年 北条氏綱に攻め落とされる。
1590(天正18)年 北条氏滅亡。この時に廃城か。


空堀

城址碑と説明板

●地図● 東京都板橋区志村2丁目

大きな地図で 東京都の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 東京都