ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 東京都
世田谷城
2011/7/10記
(2011/7/9訪問)

空堀と土塁

●概要●
世田谷城は目黒川の支流、烏山川が大きく蛇行して三方を囲まれ、南側に突き出した台地上に築かれていた。また、城の北を通る滝坂道と東の鎌倉道が交差する交通の要衝でもあった。中央に位置する郭は南北120m、東西60m程の広さで、南北に開口していたと考えられる土塁に囲まれている。世田谷城の範囲については諸説あり、規模は判然としないが、複雑に展開する8つ以上の郭や土塁・堀で構成され、北側にある豪徳寺部分が吉良氏の館であったと推定される。吉良氏は清和源氏・足利氏の一族であり、世田谷城は1366年に吉良治家により築かれたと考えられている。吉良氏は足利氏に跡継ぎが無い場合は将軍にもなりうる家格であり、世田谷城は「吉良御殿」や「世田谷御殿」と呼ばれていた。15世紀後半には太田道灌と同盟関係にあり、武蔵国では中心的な存在であった。その後、北条氏が関東に勢力を伸ばしてくると北条氏と縁戚となった。1590年に豊臣秀吉により北条氏が滅ぼされると没落し、上総国生実に移され、世田谷城は廃城となった。その後、世田谷は井伊氏の所領となり、城内にあった弘徳院を拡張して豪徳寺とした。
(現地案内板の説明文を編集)

●歴史●
1366(貞治5)年 吉良治家により城が築かれた。 
1530(享禄3)年 北条氏と扇谷上杉氏の戦いの中で世田谷城は落城。のちに吉良氏に返された。
1590(天正18)年 豊臣秀吉による小田原征伐により北条氏が滅亡。吉良氏も所領を没収され、世田谷城は廃城となった。 


世田谷城阯公園

土塁上から見た空堀

豪徳寺山門

公園案内図と推定図(クリックで拡大)

●地図● 東京都世田谷区豪徳寺

大きな地図で 東京都の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 東京都