ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 東京都 
江戸城
2016/2/29更新
2008/7/27記
(2008/7/26訪問)
桜田門遠景
桜田門と丸の内のビル群

●概要●
江戸城は、武蔵国豊嶋郡江戸(東京都千代田区)にあった城。征夷大将軍・徳川家15代の居城であり、江戸幕府の最高政庁であった。明治維新後、皇室が京都御所から江戸城に転居し、それ以降宮城・皇居となった。以後は吹上庭園が御所、江戸城西の丸が宮殿の敷地となっている。通常、皇居部分(西の丸と吹上庭園)に立入ることは出来ない。本丸と二の丸、三の丸などの皇居東御苑と南側の皇居外苑、北側の北の丸公園は開放されている。

●歴史●
平安時代末期 秩父氏が台地上に居館を築き、以後江戸姓を名乗った。
1457(康正3)年 扇谷上杉家臣・太田道灌が江戸城を築城。
1486(文明18)年 主家により道灌が暗殺される。以後の扇谷上杉家の居城となる。
1524(大永4)年 北条氏綱が江戸城を攻略。
1590(天正18)年 豊臣秀吉の小田原攻めの際に開城。
後北条氏旧領の関東六州を与えられた徳川家康がに入城。
1603(慶長8)年 天下普請による江戸城の拡張に着手。
周囲16kmにおよぶ大城郭に発展。
1636(寛永13)年 3代・徳川家光の代に完成。
以後、200年以上に渡り江戸幕府の中枢となる。
1657(明暦3)年 明暦の大火により天守閣を含め城構の多くを焼失。
その後天守閣は再建されなかった。
1868(慶応4)年 明治新政府軍に明け渡され東京城(とうけいじょう)と改称。
1869(明治2)年 東京奠都により皇城となる。
1873(明治6)年 西の丸御殿が焼失。
1888(明治21)年 明治宮殿の完成により宮城(きゅうじょう)と改称。
1923(大正12)年 関東大震災。建物遺構は大きな被害を受けた。和田倉門は復旧されなかった。
1945(昭和20)年 空襲で大手門が焼失。
1948(昭和23)年 皇居と改称。
1964(昭和39)年 北の丸の清水門・田安門の上部が復元。
1967(昭和42)年 大手門が復元された。


天守台
徳川家康の改築以降、天守は慶長度、元和度、寛永度と3度築かれた。慶長度には本丸の中心付近に建てられた。元和度には徳川秀忠により天守が造り直されている。この時に現在の位置になったと考えられている。その元和度の天守も寛永度に徳川家光により解体され造り直されている。この天守は1657年の明暦の大火で焼失している。焼失後ただちに天守台が前田綱紀によって築かれたが、保科正之の江戸復興優先の方針により中止された。その後は富士見櫓を実質の天守としていた。  富士見櫓は天守閣焼失後は天守の代用とされた。
富士見櫓
伏見櫓
伏見櫓
半蔵門
半蔵門
1860年3月24日(安政7年3月3日)水戸藩浪士らが桜田門外にて大老・井伊直弼を襲撃し暗殺した。(桜田門外の変)
桜田門
皇居正門(旧・西の丸大手門)
皇居正門(旧・西の丸大手門)
1862(文久2)年1月、登城途中にあった安藤信正が尊攘派水戸浪士に襲撃された。信正は門内に逃げ込み一命を取り留めた。(坂下門外の変)
坂下門
桔梗門
桔梗門
桜田二重櫓(巽櫓)
桜田二重櫓(巽櫓)
大手門
大手門
大手門は三の丸の中央部にあり大手前を繋いだ。三の丸が屋敷地であった頃は二の丸の大手下乗門が大手門であり、現在の大手橋は大橋と呼ばれていた。江戸時代、勅使の参向、将軍の出入り、諸侯の登城などこの門から行うのが正式であった。したがってここの警備は厳重をきわめ、10万石以上の譜代諸侯がその守衛に勤仕し、番侍10人(うち番頭1人、物頭1人)がつねに肩衣を着て、平士は羽織袴でひかえ、鉄砲20挺、弓10張、長柄20筋、持筒2挺、持弓2組をそなえ警戒にあたった。 
同心番所
同心番所
百人番所
百人番所
大番所
大番所
「番所」とは警備のための詰所のことで、同心番所、百人番所、大番所の3つが現存している。奥の番所ほど位の高い役人が詰めていた。「同心番所」は同心が詰め、登城する大名の供の監視をしていた。「百人番所」は本丸と二の丸に通じる大手三之門前に設けられた。鉄砲百人組と呼ばれた伊賀組、甲賀国、根来組、二十五人組の4組が昼夜交代で詰めていた。各組には同心が100人ずつ配属されていた。「大番所」は中之門の側に設けられ、他の番所よりも位の高い与力・同心によって警備されていた。 楠木正成像
楠木正成像
楠木正成
皇居外苑にある。楠木正成は鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての河内の武将。鎌倉幕府からは悪党と呼ばれた。建武の新政の立役者として足利尊氏らと共に活躍。尊氏に反抗後、軍事主体の主力の一方になり、最後まで勤王をつらぬく。足利尊氏軍と戦い湊川で自害。明治以降「大楠公」と称される。

●100名城スタンプ設置場所●
楠公休憩所、和田倉休憩所、北の丸休憩所

●皇居東御苑(旧江戸城の本丸、二の丸、三の丸)●
公開時間 3月1日〜4月14日 9:00〜16:30(入園は16:00まで)
4月15日〜8月末日 9:00〜17:00(入園は16:30まで)
9月1日〜10月末日 9:00〜16:30(入園は16:00まで)
11月1日〜2月末日 9:00〜16:00(入園は15:30まで)
一般参賀 1月2日と天皇誕生日(12月23日)
入園料 無料(入る時に整理札を受け取り、出る時に返す)
出入口 大手門、平川門、北桔橋門
休園日 月曜日・金曜日(祝日の場合は公開)、
年始年末(12月28日〜1月3日)、
行事の実施等やむを得ない理由のため支障のある日

●地図● 東京都千代田区千代田

大きな地図で 東京都の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 東京都