ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 栃木県
皆川城(別名・法螺貝城)
2011/9/10記
(2011/7/16訪問)

皆川城址遠景

●概要●
皆川城は比高70mほどの山の地形をそのまま利用しており、その形状から別名・法螺貝城とも呼ばれている。頂上に1郭があり、その西側に広い2郭がある。その周囲を階段状に幾重もの腰郭が取り巻いている。その麓にある皆川地区公民館が居館跡であり、周辺に土塁や水堀の跡が残っている。皆川氏は小山宗政の孫・長沼宗員が皆川荘を支配し、皆川姓を名乗ったことから始まる。宇都宮氏や結城氏などの勢力に囲まれていたため、時に従い、時に背くなどを繰り返して家名を保ってきた。最後の城主・皆川広照も処世術に長けており、織田信長に名馬を贈ったり、信長の死後は豊臣秀吉や徳川家康とも誼を通じていた。北条氏に攻められると降伏して従っていたが、豊臣秀吉による北条征伐では、小田原城が落城する寸前に脱出して徳川家康に仕えた。だが、すでに皆川城は上杉景勝などの北国勢に攻め落とされていたため、栃木城を新たに築いて皆川城を廃城とした。城跡はよく残されており、それほど高い山でもないため気軽に登ることができる。

●歴史●
室町時代 永享の乱(1438年)の後、皆川秀宗がこの地に城を築いた。
1586(天正14)年 北条氏に攻められ、皆川広照は降伏する。
1591(天正19)年 皆川広照が栃木城へ移り、皆川城は廃城となった。


頂上にある城址碑

現地にある復元模型の写真(クリックで拡大)

●地図● 栃木市皆川城内町
TopPage > 栃木県