ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 栃木県
興聖寺城(別名:清水城、吉水城)
2011/10/20記
(2011/7/16訪問)

興聖寺の山門前

●概要●
佐野国綱が岩崎義基のために築いた城である。岩崎義基は佐野氏の一族であるという説と、木曽義仲の嫡男・清水冠者義高の偽名であるという説がある。清水冠者義高は木曽義仲が人質として源頼朝に預けていた。義高は鎌倉で暮らす内に頼朝の娘・大姫と許婚となった。2人はとても仲が良かったという。だが、義仲は平氏と戦って京を占領した際に後白河法皇と対立したため、頼朝は追討軍を派遣せざるを得ず、粟津の戦いで義仲を討ち取った。義高の立場も当然危ういものとなったため、大姫の機転により女装して鎌倉を脱出した。しかし、その日の夜に露見したため、頼朝は義高に追手を差し向け、武蔵国入間で追手の堀親家により討ち取られたことになっている。しかし、ここで討ち取られずに逃げ延び、岩崎義基と名を偽って生き延び、佐野国綱により保護されたという説である。地理的には佐野氏の本拠地・唐沢山城の南西の麓にあり、重要な支城であったと考えられている。城は本丸、北二の丸、南二の丸、三の丸から成り、それぞれの曲輪は水堀で囲まれていた。本丸の規模は東西約120m、南北約130mのほぼ正方形で、周囲を土塁と堀が取り巻き、外側には有力な家臣たちの侍屋敷が配置されていた。現在、周囲は住宅や水田となっているが、本丸跡にある興聖寺周辺は土塁と堀が良く残されている。

●歴史●
1228(安貞2)年 佐野国綱が岩崎義基のために築く。
永正年間
(1504〜21年の間)
12代・岩崎左馬介重長が岩崎城へ移り、佐野秀綱が居城とする。
1614(慶長19)年 佐野氏が改易され、廃城となる。
1635(寛永12)年 興聖寺が現在地に移る。


土塁

土塁

土塁

堀の跡

●地図● 栃木県佐野市吉水町

大きな地図で 栃木県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 栃木県