ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 栃木県
祇園城(別名・小山城)
2011/8/14記
(2011/7/16訪問)

県道沿いにある登城口

●概要●
小山城は小山駅の西方500m、思川東岸の台地上にある南北に長く西側は思川の侵蝕によって切り立った崖になっていて、天然の要害をうまく利用している。東側は宅地造成が進んで旧状を失っているが、台地の部分には中世の名城の面影がよく残っており、史跡として保存が図られ、城山公園の名で市民に親しまれている。縄張りとしては幅10m以上の空堀と土塁で仕切られた郭が並び、天翁院の北側の塁濠が城の北限を示している。南は思水荘の一帯に及んでいるが、南限の線は明瞭ではない。小山氏は関東有数の豪族領主として知られ、初代政光以来鎌倉幕府内で威勢を張ってきたが、第11代・義政に至って関東公方・足利氏満に叛したため滅亡した。やがて、室町幕府の配慮により、同族結城氏から基光の次男・泰朝が小山に入って第2次小山氏の祖となった。泰朝はおそらくこの城址の一郭に居を卜したと考えられるが、場所は不明である。その後、第3代・持政の時、時勢にかんがみて大いに拡張整備された模様である。動乱の戦国時代の末期、第9代・政種は、小田原の後北条氏に加担したため豊臣秀吉の怒りに触れ、没収追放の身となり、1590年7月に第2次小山氏も滅びた。天翁院には小山氏の墓地があり、多数の板碑が保管されている。(現地案内板より)

●歴史●
1148(久安4)年 小山氏初代・政光によって築かれたという伝承がある。
1383(永徳2)年 第3次小山義政の乱で小山氏が滅亡。
関東公方・足利氏満は小山氏と同族の結城基光の次男・泰朝に小山氏を継がせた。
1574(天正2)年 北条氏照の攻撃により落城し、小山秀綱は佐竹義重のもとへ逃れた。小山城は北条氏の北関東攻略の拠点となる。後に秀綱は北条氏の配下となった。
1590(天正18)年 豊臣秀吉の小田原征伐の際、小山政種は北条氏配下であったため所領を没収された。小山氏の旧領は結城晴朝のものとなり、政種は晴朝の配下として小山氏を存続させた。
1602(慶長12)年 本多正純が相模国・玉縄より入封。
1619(元和5)年 本多正純が宇都宮へ移封となり、小山城は廃城となった。


堀切と祇園橋

規模の大きな空堀や堀切は見ごたえがある

土塁も明瞭に残る

案内図(クリックで拡大)

●地図● 栃木県小山市城山町1丁目
TopPage > 栃木県