なぽのホームページ
ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。
トップページに戻る なぽのホームページ/静岡県のお城へ なぽのホームページ/日本百名城へ
山中城
2016/2/27更新(訪問日 2009/2/8)

城址碑
◆概要◆
山中城は永禄年間(1558〜70年)に後北条氏により小田原防備のため築かれた。豊臣秀吉による小田原征伐に備え、1589(天正17)年に急遽西の丸や出丸等の増築を始めたが間に合わず、豊臣軍7万人に包囲されてわずか半日で落城した。三島市は1973(昭和48)年度より全ての曲輪の全面発掘調査を行ない、その成果に基づいて環境整備に着手した。その結果、戦国末期の後北条流の築城法が次第に解明され、規模や構造が明らかになった。特に堀や土塁、曲輪の造成法、架橋や土橋の配置等の巧みな縄張りと、飲料水の確保に独特の工夫が見られる。後北条氏滅亡と共に廃城となった為、独特の城郭構造を多く残している。
◆歴史◆
1558〜70年の間 北条氏康により築かれた。後北条氏の本拠地である小田原の西の防衛を担う最重要拠点で、東海道を取り込む形で築かれた。
1590年 豊臣秀吉との関係が悪化したため急遽改修を加えたが間に合わず、未完成のまま豊臣軍7万を迎えた。城将・松田康長ら4千は奮戦したが、わずか半日で落城した。
1930年 国の史跡に指定された。
1973年 三島市が学術的な調査を開始。公園として整備をはじめた。
2006年 日本百名城(40番)に選定された。

案内図

障子堀
●100名城スタンプ設置場所●
山中城跡案内所・売店
営業時間 10:00〜16:00
※冬季は10:30〜15:30
営業時間外・定休日にも店外にスタンプは設置されている
定休日 月曜日、年末年始
無料専用駐車場 9:00〜17:00
●地図● 静岡県三島市山中新田

ページの一番上に戻る

トップページに戻る なぽのホームページ/静岡県のお城へ なぽのホームページ/日本百名城へ