ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホ ームページを検索

TopPage > 静岡県
二俣城
2010/6/13記
(2010/6/12訪問)

天守台

●概要●
天竜川と二俣川に挟まれた丘陵地に築かれ、天嶮に恵まれた名城であった。そのため、武田信玄・勝頼親子と徳川家康がこの城を巡って激しい攻防を繰り広げた。1572年に武田信玄が上洛を目指し大軍を率いて信濃から遠江に侵攻した際に落城。浜松城を素通りしたことから徳川家康は城から撃って出ざるを得なくなり、三方ヶ原で大敗するきっかけとなった。家康は1575年の長篠の戦いの後に二俣城を取り戻したが、1579年に家康の正妻・築山御前と長男・信康が武田方に内通しているとされ、織田信長よりこの二人を処断するよう求められた。これにより築山御前は殺害され、信康は切腹させられている。家康の関東移封後は堀尾吉晴が浜松城に入り、二俣城はその支城となったが、堀尾氏が出雲に転封すると廃城となった。城跡は公園として整備され、天守台が現存している。

●歴史●
文亀年間
(1501〜03年頃)
二俣昌長が築城したと伝わる。
1572(永正11)年 上洛を目指す武田信玄が二俣城を攻略。信濃先方衆の依田信蕃を城主とした。
1575(天正3)年 武田軍長篠の戦いで織田・徳川連合軍に大敗。依田信蕃はよく城を守ったが、城兵の安全な退去を条件に城を明け渡した。
1579(天正7)年 徳川家康の嫡男・信康が切腹。
1590(天正18)年 家康が関東へ移封。堀尾吉晴が浜松城主となり、二俣城はその支城となる。
1600(慶長5)年 堀尾吉晴が出雲に転封し廃城となる。

●地図● 静岡県浜松市天龍区二俣町二俣

大きな地図で 静岡県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 静岡県