ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 島根県
三刀屋城
2010/8/14記
(2010/8/3訪問)

三刀屋川の対岸より
 
●概要●
山陰と山陽とを結ぶ街道沿いに位置する交通の要衝で、尼子氏の拠点として尼子十旗の一つに数えられた。三刀屋城の歴史は旧く、1221年に地頭職に任じられた諏訪部扶長が築いたと伝わる。その後、扶長の末裔が三刀屋氏を称し、1588年に領地を没収されるまで、三刀屋が本拠としていた。1600年の関ヶ原の戦い後に毛利氏に替って堀尾氏が入城した。堀尾氏は当初、三刀屋城を改修しようと考えていたが、一国一城令により廃城となり、松江城へ移ったとされる。改修中の石垣が現存しており、その大きさから松江城ではなく、三刀屋城を本拠にしようとしていたと言う説もある。現在、城址公園として整備され、本丸まで車で登ることができる。

●歴史●
1221(承久3)年 承久の乱で幕府側として活躍した諏訪部助長が三刀屋郷の地頭職となり、城を築いた。
1542(天文11)年 大内氏が出雲に侵攻し、他の国人衆とともに三刀屋久扶も降伏。
1543(天文12)年 三刀屋久扶は他の国人衆とともに寝返り、尼子氏の配下に復帰する。
1562(永禄5)年 三刀屋久扶は出雲に侵攻した毛利氏に降伏。
1588(天正16)年 三刀屋久扶が徳川家康と面会したため、毛利輝元に疑われて所領を没収される。
1600(慶長5)年 関ヶ原の戦い後、毛利氏が長門・周防に移り、堀尾氏が入城。城の改修を始める。
1615(慶長20)年 元和の一国一城令で廃城となる。


物見台

石垣

●地図● 島根県雲南市三刀屋町古城

大きな地図で 島根県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 島根県