なぽのブログを検索
なぽのホームページを検索
なぽのホームページ

ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・

そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。

そして気が付いたら全国津々浦々(笑)

これまでに訪問したお城を紹介します。




滋賀県のお城
安土城(あづち)近江八幡市
大津城(おおつ)大津市
大溝城(おおみぞ)高島市
小倉城(おぐら)東近江市
小谷城(おだに)長浜市
柏原城(かしわばら)米原市
柏原御殿(かしわばら)米原市
鎌刃城(かまは)米原市
観音寺城(かんのんじ)近江八幡市
久徳城(きゅうとく)犬上郡多賀町
坂本城(さかもと)大津市
佐和山城(さわやま)彦根市
島川城(しまかわ)愛知郡愛荘町
膳所城(ぜぜ)大津市
高野瀬城(たかのせ)犬上郡豊郷町
高宮城(たかみや)彦根市
種村城(たねむら)東近江市
長浜城(ながはま)長浜市
那須城(なす)犬上郡豊郷町
鯰江城(なまずえ)東近江市
八幡城(はちまん)近江八幡市
彦根城(ひこね)彦根市
三雲城(みくも)湖南市
水口城(みなくち)甲賀市
水口岡山城(みなくちおかやま)甲賀市
三田村城(みたむら)長浜市
箕浦館(みのうら)米原市
宮部城(みやべ)長浜市
目賀田城(めかた)愛知郡愛荘町
簗瀬城(やなせ)東近江市
吉田城(よしだ)犬上郡豊郷町







安土城
2016/2/24更新
2008/9/28記
(2008/2/11訪問)

城址碑
●概要●
安土城は安土山に建造され、大型の天守を初めて持つなど威容を誇ったが、1582(天正10)年の本能寺の変の後焼失し廃城となった。現在は石垣などの一部の遺構を残すのみだが、宣教師ルイス・フロイスなどの記録によりその様子をうかがい知ることができる。安土城は六角氏の観音寺城を見本に総石垣で普請された城郭であり、ここで培われた築城技術が安土桃山時代から江戸時代初期にかけて日本国中に築城された近世城郭の範となった。そして普請を手がけた石垣職人集団「穴太衆」はその後全国的に城の石垣普請に携わり、石垣を使った城は全国に広がっていった。ただし、安土城に残る石垣の積み方は場所により様々であり、特定の「穴太積み」なる技法の存在を想定するのは難しい。現在は干拓などによって湖岸からやや離れ、安土山全体に城郭遺構が分布しており、当時の建築としては城山の中腹にあるハ見寺境内に仁王門と三重塔が残っている。また二の丸には信長の霊廟が置かれている。築城の目的は岐阜城よりも京に近いという利便性と、最大の脅威であった上杉謙信の上洛を阻止できる立地条件にあったためとされている。その規模、容姿は信長の天下統一事業を象徴する城郭であり、山頂の天主に信長が起居、その家族も本丸付近で生活していたとされる。

●歴史●
1576(天正4)年 織田信長は観音寺城の支城のあった安土山に築城。足かけ7年の歳月をかけ完成させた。
1579(天正7)年 落雷により本丸が焼失。
1582(天正10)年 明智秀満率いる明智軍の退却後、天主とその周辺建物を焼失した。
本能寺の変以降もしばらく織田氏の居城として、二の丸を中心に機能していた。
1585(天正13)年 豊臣秀次の八幡城築城のため廃城となった。

●天主●
天主(安土城では「天守」のことを指す)の具体的な姿については長年研究が続けられており、多数の研究者から復元案の発表が相次いでいる。基本的には同時代人の記述による「信長公記」や「安土日記」に基づきイエズス会宣教師の記述を加味するところまでは一致しているが、解釈をめぐっては未だ決着を見ない。その姿は5重6階地下1階で最上階は金色、下階は朱色の八角形をしており、内部は黒漆塗り、そして華麗な障壁画で飾られていた、とされる。信長が権力を誇示するために狩野永徳に安土城を描かせた金箔の屏風がアレッサンドロ・ヴァリニャーノに贈られ、教皇庁に保管されているとの記録がある。安土城の姿を知る決め手の一つと考えられているが、現在に至るまで発見されていない。

三重県の伊勢・安土桃山文化村にある安土城を模した城郭風建築物

●天主・本丸の焼失●
安土城天主及び本丸等の建造物は、山崎の戦いの後まもなくして焼失している。あくまで焼失したのは、天主、本丸などであり後に織田秀信が二の丸に入城したように、二ノ丸をもって十分に機能していた。焼失の原因についてはいくつかの説がある。
「織田信雄軍が明智の残党を炙り出すために城下に放火したのが天主に延焼した」という説。
・これは当時の宣教師の記述によるもので、その記述には「織田信雄が暗愚だったので放火した」とある。
「明智秀満軍が敗走の際に放火した」との説。
・しかし秀満は坂本城での自刃の際、多くの文化財を明け渡してから放火している。
「略奪目的で乱入した土民が原因である」とする説。
「落雷によって焼失した」とする説。
・現在の研究では略奪目的の土民が放火したとされているが、天正10年の焼失以前に一度天主が倒壊したとの説も近年出されている。

大手登山道

天主跡

織田信長廟

仁王門

●100名城スタンプ設置場所●
二の丸・信長廟前
入山時間 基本的に9:00〜16:00「季節により変動」(詳細不明)
入山料 大人700円、小人200円
駐車場 奥が無料(20台、24時間)、手前が有料510円(160台、9:00〜17:00)

安土城郭資料館(安土駅前)
開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日、年末年始
入館料 大人200円、学生150円、子供100円

●地図● 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦
なぽのホームページ/滋賀県を表示