ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 埼玉県
岩槻城
2008/10/6記
(2008/10/4訪問)

岩槻城址公園

●概要●
岩槻城は埼玉県さいたま市岩槻区にあった岩槻藩の藩庁。江戸時代以前には岩付城とも書かれた。元荒川と沼を天然の堀とした全国でもめずらしい総曲輪型城郭である。現在は岩槻城址公園となっており、新曲輪跡に黒門と裏門が移築現存している。

●歴史●
1457(康正3)年に扇谷上杉家家臣の太田道灌によって築かれたという説と、1478(文明10)年に古河公方方の成田自耕斎正が築いたという説がある。
1522(大永2)年 太田資頼が岩槻城を奪取。
1546(天文15)年 河越夜戦で北条氏の武蔵支配が決定的になる中、孤立しながらも太田資正が奮闘。
1564(永禄7)年 資正の留守中に嫡子・氏資が北条氏康に内応し、資正を追放。
1567(永禄10)年 氏資が上総国で戦死。嫡子がいなかったため北条氏の直轄となった。
1580(天正8)年 北条氏直の弟・源五郎が太田氏の名跡を継いで城主となった。
1585(天正13)年 源五郎が早世したため弟・氏房が城主となった。
1590(天正18)年 豊臣秀吉による小田原征伐では2,000人の兵で篭城するが落城。
徳川家康が関東に入ると、譜代家臣の高力清長が2万石で入城。以後、青山氏・阿部氏・板倉氏・戸田氏・藤井松平氏・小笠原氏・永井氏ら譜代大名の居城となる。
1756(宝暦6)年 徳川家重の側用人・大岡忠光が入り藩主が固定。廃藩置県まで大岡氏の居城となった。
1871(明治4)年 廃藩置県により廃城。
1970(昭和45)年 黒門が現在の位置に移築された。
1980(昭和55)年 裏門が現在の位置に移築された。

黒門
城内のどこにあった門なのかは不明。木材部分が黒く塗られているため黒門と呼ばれている。廃藩置県後は埼玉県庁や県知事公舎の正門、岩槻市役所の通用門として利用されていた。1970年に城址公園に移築された。

裏門
1770年に作られた裏門。どこの裏門なのかは不明。廃藩置県の時に民家に払い下げられたが、1980年に岩槻市に寄贈された。


●地図 埼玉県さいたま市岩槻区太田3丁目

大きな地図で 埼玉県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 埼玉県