なぽのホームページ
ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

トップページに戻る なぽのホームページ/埼玉県のお城へ なぽのホームページ/日本百名城へ
花園城
●地図・アクセス● 埼玉県大里郡寄居町末野 2017/7/16更新(訪問日 2013/11/23)
◆概要◆
花園城跡へは、秩父鉄道の線路沿いにある1枚目の写真の所から登ります。 「見守り隊」の板の足元の木の板に「花園城」と書かれています。 この案内の先には小さな神社があり、境内にも花園城の案内があります。 ここからは踏み跡以上道未満を横方向に進み、竪堀に行き当たったらあとは真っすぐ登るだけです。 行きはこれで城跡に辿り着けるのですが、帰りに下ってくると、来た時の道がわかりません。 迷子防止策としては、約10メートルおきに目印を付けて登り、下る時に回収するのが良いかと思われます。 山上には堀や土塁、石積みなどの遺構がかなりハッキリ残っており、見応えがあります。 伝承では平安時代より猪俣党の藤田氏が居城としており、戦国時代まで続きました。 藤田氏は室町時代には山内上杉氏に仕え、1546年の河越夜戦以降に後北条氏の家臣となりました。 後北条氏は藤田氏の名跡を重視し、北条氏康の四男・氏邦を養嗣子として送り込み、家督を継がせました。 北条氏邦の名で知られていますが、北条姓を名乗ったことは一度もないそうです。 藤田氏邦は後北条氏の勢力拡大に貢献し、1560年には鉢形城を築いて本拠としました。 花園城はその支城として位置づけられ整備されたようです。 1590年に後北条氏が豊臣秀吉に滅ぼされた時に廃城となりました。


登城口の目印

案内の先には神社があります

案内があるのはココまでです

西へ横方向に道を進みます

竪堀を真っすぐ直登します

登り切ると堀切になっています

見事な横堀が縦横に巡っています

石積み

城址碑もあります