なぽのホームページ
ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。
トップページに戻る なぽのホームページ/佐賀県のお城へ なぽのホームページ/日本百名城へ
佐賀城
2016/10/10更新(訪問日 1回目:2007/8/23、2回目:2008/8/7、3回目:2016/8/28)

佐賀城本丸歴史館(復元本丸御殿)
◆概要◆
古名は佐嘉城。別名、沈み城、亀甲城。江戸時代初頭に完成し、外様大名の佐賀藩・鍋島氏の居城であった。佐賀市の中心部に位置し、城郭の構造は輪郭梯郭複合式平城である。かつては幾重にも外堀を巡らし、城が攻撃にあった際は主要部以外は水没させる仕組みになっていた。そのため「沈み城」とも呼ばれた。明治時代初期に起こった佐賀の乱により大半の建造物は焼失。鯱の門と続櫓のみが残っており、国の重要文化財に指定されている。現在、城跡には県庁、美術館、博物館などの公共施設が建ち並び、佐賀県政治経済の中心地となっている。
◆歴史◆
1584年 龍造寺隆信は島津・有馬連合軍に敗れて戦死。
これを機に家臣の鍋島直茂が実権を握った。
1602年 鍋島直茂は龍造寺氏が居城としていた村中城本丸の改修を始める。
1611年 2代目・鍋島勝茂の時に完成。
内堀の幅は80mにも及ぶ広壮なもので、5層の天守も建造された。
それまでの鍋島氏の居城であった蓮池城は破却された。
1726年 大火に見舞われ、天守を含む本丸建造物の大半を焼失。
以後天守は再建されず。
1728年 御殿などがに二の丸に完成し、藩政は二の丸を中心に行われた。
1835年 火災により二の丸を焼失。
本丸が再建され、政務は本丸に移った。
1838年 現存する鯱の門・続櫓が再建された。
1874年 江藤新平を中心とした佐賀の乱が起こり、反乱軍に一時占拠された。
この戦闘の際に建造物の大半を失った。
1953年 鯱の門と続櫓が佐賀県重要文化財に指定。
1957年 鯱の門と続櫓が国の重要文化財に指定。
2004年 天保年間に完成した本丸御殿を復元。
佐賀県立佐賀城本丸歴史館が完成。

鯱の門

天守台

復元された土塁

本丸御殿西側にある石垣
●100名城スタンプ設置場所●
佐賀城本丸歴史館の受付
開館時間 9:30〜18:00
入館料 不定(満足度に応じた募金を払う)
休館日 12月29日〜31日
※臨時休館については公式ホームページで告知
●地図● 佐賀市城内

ページの一番上に戻る

トップページに戻る なぽのホームページ/佐賀県のお城へ なぽのホームページ/日本百名城へ