ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 佐賀県
名護屋城
2015/1/2更新
2009/10/31記
(2007/8/23訪問)

天守台
●概要●
豊臣秀吉は大陸への進攻を企図し、ここを前線基地として大掛かりな築城を計画。九州の諸大名を中心に動員し、僅か8ヶ月後の1592年3月に完成した。規模は当時の城郭では大坂城に次ぐもので、5重7階の天守が築かれた。城郭の周辺には各大名の陣屋が配置され、1592年(文禄の役)と1597年(慶長の役)に朝鮮半島へ侵攻する際の補給拠点となった。1598年8月、秀吉の死により全軍撤収し、名護屋城もその役割を終えた。関ヶ原の戦いが終わった1602年、寺沢広高が唐津城の築城を開始し、その際に名護屋城を解体してその遺材を使用した。また、二度と利用できないよう、要となる石垣の四隅を切り崩した。

●歴史●
1592(文禄元)年 3月、明国への侵攻拠点として、豊臣秀吉により築かれる。この地は松浦党家臣・名護屋経述の垣添城があったが、大規模な改修が加えられた。
4月1日、小西行長・宗義智らの第一陣が朝鮮半島へ出兵(文禄の役)
1593(文禄2)年 講和交渉が決裂
1597(慶長2)年 2月、14万人が出兵(慶長の役)
1598(慶長3)年 8月18日、豊臣秀吉の死去により終戦。
1602(慶長7)年 寺沢広高が唐津城を築くために名護屋城の遺材を利用。二度と城として利用できないよう石垣の四隅を切り崩すなどの作業を行われた。
1638年頃 島原の乱後、本格的に破却された。

切り崩された石垣が至る所にある

名護屋城図屏風(狩野光信作:名護屋城観光案内所パンフレットより)

●100名城スタンプ設置場所●
名護屋城博物館
開館時間 9:00〜17:00
休館日 月曜日(休日の場合は翌日)、12月29日〜31日
入館料 無料

●地図● 佐賀県唐津市鎮西町名護屋ほか

より大きな地図で 佐賀県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 佐賀県