ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 大阪府
若江城
2012/3/4記
(2011/8/2訪問)

現地説明板
●概要●
若江城は1382年に河内国守護となった畠山基国が守護代・遊佐長護とともに築いた。当時は南北朝時代であり、基国は北朝方に属していた。その3年前の康暦の政変により細川頼之が失脚し、頼之を後ろ盾としていた楠木正儀が南朝に帰参したことに備えたものであった。西の大和川と北の菱江川、東の玉串川を天然の外堀として防御し易く、周辺に対しての軍事行動をとりやすい地理的条件を備えていた。また、築城と同時に、河内街道、十三街道を整備し、若江城城下で交差するように設計された。以後200年にわたって河内国経営の中心的役割を果たした。戦国時代になると三好氏が若江城を奪い本拠地とした。だが、織田信長が畿内に進出すると、若江三人衆と呼ばれる筆頭の重臣が叛いたため落城。三好氏嫡流は滅亡した。その後、信長と石山本願寺との戦いでは前線基地として機能したが、1581年に両者が和睦することでその役割を終えた。信長の死後、羽柴秀吉により大坂城の築城が始まると廃城となった。現在遺構はまったく残っておらず、城の中心部であった若江公民館分館に説明板が設置されているだけである。

●歴史●
1382年
(永徳2・弘和2)
河内国守護となった畠山基国が南朝方となった楠木正儀に備えて城を築く。
1460(長禄4)年 筒井順永が若江城を攻め、畠山義就は嶽山城に撤退した。
1467(応仁元)年 畠山政長と畠山義就が上御霊社で戦い、応仁の乱が始まる。
1471(文明3)年 筒井順永が若江城を攻め落とす。
1477(文明9)年 畠山義就が若江城を攻め落とす。
1483(文明15)年 畠山義就が畠山政長を水攻めにした(河内十七箇所の戦)。若江城にも水害が及んだ。
1497(明応6)年 畠山政長の子・尚順が高屋城を攻め、若江城も奪還する。
1499(明応8)年 1月 畠山尚順が河内十七箇所の戦で畠山基家を破り自害させる。
12月 畠山尚順が天王寺で細川政元に敗れ、紀州に敗走する。
1537(天文6)年 若江城主・若江兼俊が謀反を起こしたため六角義賢により高野山へ追放される。
1551(天文20)年 若江城主で河内守護代の遊佐長教が暗殺される。
1560(永禄3)年 畠山高政の守る若江城が三好長慶に攻め落とされる。
1569(永禄12)年 三好三人衆の軍勢が京へ向かって進軍。迎え撃つため若江城主・三好義継が出陣。
1573(天正元)年 織田信長配下の佐久間信盛が三好義継を若江城に攻める。若江三人衆の多羅尾右近・池田教正・野間長前が造反し落城。三好義継は自刃し、河内北半国を教正を筆頭とする若江三人衆が支配した。
1574(天正2)年 河内門徒に攻略されていた若江城を織田軍が攻め落とす。
1577(天正5)年 雑賀攻めのため織田信長が若江城に入城する。
1583(天正11 )年 廃城となる。

●地図● 大阪府東大阪市若江北町
TopPage > 大阪府