ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索


TopPage > 大阪府
高槻城
2011/9/4記
(2011/8/4訪問)

石垣(模擬)
●概要●
京と大阪のちょうど中間地点にあり、争乱の絶えない所であった。戦国時代には三好三人衆と織田信長が争って和田惟政が城主となったが、惟政も数年後には戦死。その子・和田惟長が継ぐが、家臣であった高山飛騨守・右近親子に追放されるなど、たびたび城主が入れ替わった。徳川家康が豊臣家を滅ぼすと一国一城令を出して全国の城を破壊したが、高槻城は近隣の淀城とともに西国への備えとして改修された。明治になるとその役割を終え、東海道線の建設資材供給のため破却された。現在は高槻城跡公園として整備されているほか、本行寺には門が移築され現存している。

●歴史●
990(永祚2)年 近藤忠範が久米路山に城を築いたのが始まりと言われている。
1527(大永7)年 薬師寺国長が波多野稙通に攻められ、高槻城に逃亡した。
1553(天文22)年 三好長慶の家臣・入江春継が城主となる。
1568(永禄11)年 織田信長が摂津に侵攻し、高槻城は開城した。
1569(永禄12)年 本圀寺の変で入江春継は敗れて自害した。高槻城は和田惟政に与えられた。
1573(天正元)年 和田惟政が戦死し、その子・惟長は高山友照・右近父子と対立して追放された。
1585(天正13)年 高山右近は船上城へ転封となり、高槻城は豊臣秀吉の直轄となる。
1601(慶長6)年 関ヶ原の戦いの後は徳川家康の直轄となる。
1615(元和元)年 内藤信正が城主になる。
その後、土岐定義、松平家信、岡部宣勝、松平康信と城主が代わった。
1649(慶安2)年 永井直清が城主となり、以後13代続いて明治を迎える。
1871(明治4)年 廃藩置県により廃城となる。
1874(明治7)年 城の破却が始まり、鉄道敷設用材として石垣や木材が利用された。


永井神社に移築された唐門

本行寺に移築された高麗門

城址碑

城址碑

高山右近像

説明板(クリックで拡大)

●地図● 大阪府高槻市城内町
TopPage > 大阪府