ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 大阪府
正覚寺城
2012/3/4
(2011/8/2訪問)

正覚寺
●概要●
正覚寺城は応仁の乱終結後に畠山政長が正覚寺内に陣を敷いたことに始まる。政長と義就の家督相続を巡る対立が応仁の乱を引き起こしたが、乱終結後も対立は続き、政長は正覚寺内に本陣を置いて畿内各地で戦闘を続けていた。正覚寺は825年に空海が開基した寺で、最盛期の境内は四町四方に及んだ。本堂二十一間四面、不動堂七間四面を備え、柳之坊・池之坊・中之坊・大寺坊・揚々之坊・東之坊の六坊を有する規模の大きな寺であった。だが、1493年に畠山義就の子・豊丸(のちの義豊)に攻められ落城。政長は自刃し、正覚寺は炎上して廃寺となった。だが、畠山氏の争いは政長の子・尚順に引き継がれ、1499年に義豊は河内で戦死した。昭和になり東之坊だけで正覚寺が再建され、政長が本陣を置いていた場所とされる旭神社内に城址碑がある。

●歴史●
1477(文明9)年 応仁の乱終結後も畠山氏内の対立が続き、畠山政長が正覚寺内に本陣を置いた。
1493(明応2)年 畠山義就の子・豊丸の逆襲に遭い落城。政長は自刃し、正覚寺も消失した。
1577(天正5)年 織田信長が石山本願寺を攻める際に本陣を置いた。
1962(昭和37)年 東之坊だけで正覚寺が再建された。


旭神社

旭神社にある城址碑

●地図● 大阪市平野区加美正覚寺

大きな地図で 大阪府の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 大阪府