ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 大阪府
摂津野田城
2012/3/11記
(2011/8/4訪問)

城跡にある極楽寺
●概要●
野田城は細川高国の要請に応じて挙兵した浦上村宗が城を築いたのが始まりである。村宗は赤松氏に仕えていたが、下克上により実質的な領主となった人物である。当初、浦上軍は破竹の勢いで攻め上がり、敵である細川晴元方の別所氏や池田氏らの軍勢を打ち破った。そして摂津で構えた城が野田城である。そのまま一気に決着が着くと思われたが、細川晴元や三好政長が兵力を整えたため膠着状態となった。そこへ高国からの援軍要請を受けた赤松政祐の軍勢が播磨から到着した。だが、政祐は助けに来たはずの村宗の陣を急襲して村宗が討死。同じ頃に三好政長も大物城の細川高国を攻め滅ぼして決着が着いた。これが俗に言う「大物(だいもつ)崩れ」である。この戦いの後、野田城は高国の子・細川氏綱の城になったという。氏綱は後に父親の仇・晴元を江口の戦いで破って失脚させる。氏綱は晴元を失脚させることに成功したが、その後幕府の実権を握って管領になったのは、彼の配下である三好長慶であった。長慶は敵対勢力を次第に駆逐し、一時は畿内8カ国を領有するまでになった。長慶の死後、三好氏は義継が家督を継いだが、後見役の三好三人衆(三好長逸・三好政康・ 岩成友通)が実権を握っていた。その頃、織田信長が畿内へ進出しており、次第に三好氏の領地を侵食していった。そこで利害を同じくする本願寺と協力して織田信長に対抗することとなり、その際に野田城は福島城とともに大規模な改修を受けた。だが、最終的には信長に攻め落とされ、4km東にある石山本願寺攻略の拠点となった。信長が石山本願寺と和平を結ぶとその役割を終えて廃城になったとみられるが、大坂冬の陣では豊臣方が堀や櫓を整備して再利用している。当時は海も近く、大きな川に囲まれた島のような地形であったが、土砂の堆積や埋め立てなどによって平地となった。遺構は全く残っていないが、地下鉄玉川駅の2番出口と、付近にある極楽寺に城址碑がある。

●歴史●
1531(享禄4)年 細川高国と三好元長の戦いで、高国方の浦上村宗がこの地に陣取り城を築く。
大物崩れで村宗が討死した後は細川氏綱が城主になったと考えられる。
1570(元亀元)年 石山本願寺と呼応した三好三人衆が織田信長との戦いに備えて野田城を改修。
1576(天正4)年 織田信長に攻め落とされる。以後、石山本願寺攻めの拠点となる。
1614(慶長19)年 大坂冬の陣で豊臣方の大野治胤と宮島兼与が野田・福島を守備。


極楽寺の前にある城址碑

玉川駅2番出口脇にある城址碑

●地図● 大阪市福島区玉川4丁目
TopPage > 大阪府