ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 大阪府
狭山藩陣屋
2012/2/19記
(2011/8/2訪問)

狭山陣屋跡地
●概要●
狭山藩は豊臣秀吉により滅ぼされた小田原北条氏の子孫が藩主を務めた。小田原征伐の後、当主・北条氏政とその弟・氏照は切腹となったが、氏政の嫡男で徳川家康の娘婿であった氏直と、和平に尽力した氏政の弟・氏規は許されて高野山へ流されていた。翌年、氏直は跡継ぎのないまま病死ししたため、北条氏の家督は氏規が継いだ。その後罪を許され、氏規は河内国狭山7,000石、その子である氏盛は下野国内に4,000石を与えられた。1600年に氏規が病没すると氏盛が氏規の遺領と家督を継ぎ、狭山藩が立藩した。3代藩主の酒乱や腐敗した藩政を改革しようとした改革派と小田原衆が対立した狭山騒動、幕末の相次ぐ騒乱による財政の破綻に遭いながらも明治まで家名を保ち続けた。北条家はその後子爵となり、華族に列せられている。現在、藩主の屋敷などがあった上屋敷の跡地に石碑と説明板が、下屋敷跡には狭山遊園がある。また、西本願寺堺別院には狭山藩の御成門が移築され現存している。

●歴史●
1600(慶長5)年 北条氏盛が父・北条氏規の遺領を継ぎ、狭山藩を立藩。
1616(元和2)年 2代藩主・氏信が狭山の地に陣屋を築く。
1760(宝暦10)年 7代藩主・氏彦の時に下級武士が藩政改革を求めた狭山騒動が起こる。
1869(明治2)年 最後の藩主・氏恭は、他藩に先駆けて版籍を奉還した。


石碑

説明板(クリックで拡大表示)

●地図● 大阪府大阪狭山市東池尻3丁目
TopPage > 大阪府