ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 大阪府
三箇城
2012/3/7記
(2011/8/3訪問)

三箇菅原神社
●概要●
築城時期や築城者は不明だが、湿地の中の3つの島に城があることが三箇城の名の由来とされる。その様子をルイス=フロイスは「教会は水に囲まれた島にある」と表現したという。三好長慶の時代に城主・三箇頼照が洗礼を受けてキリシタンとなった。洗礼名はサンチョ。彼は宣教師やキリシタンを手厚く保護したため、信者の数は一時1500人を数えたという。サンチョは宣教師からは「今まで見てきた日本人の中で最も信仰心が厚い」と評されていた。三箇城は三好長慶の居城・飯盛山城の西にあり、近くに有る野崎城とともに飯森山城の出城的な役割を果たしていた。三好義継が滅ぼされた後、三箇氏は織田信長配下の佐久間信盛に仕えた。だが、頼照の子・頼連は本能寺の変の際に明智光秀方に味方したため、光秀が討たれた後に攻められ、三箇城は廃墟と化した。その後、江戸時代には大和川の流れを変える付替え工事が行われ、また湿地帯が埋め立てられたため、当時の面影は残っていない。城址碑は城があった位置と推定されている三箇菅原神社にある。

●歴史●
1562(永禄5)年 三好長慶の家臣・三箇頼照が飯盛山城で洗礼を受けた。洗礼名はサンチョ。
1577(天正5)年 頼照が領内の社寺を全て破壊。そのため多羅尾常陸介に讒訴され、信長より一時近江水原に幽閉されたが、佐久間信盛のとりなしにより事無きを得た。
1582(天正10)年 本能寺の変で三箇頼連が明智光秀に味方したため、光秀が討死すると攻め落とされ、城は灰燼に帰した。


城址碑

菅原神社の説明板(クリックで拡大)

●地図● 大阪府大東市三箇5丁目

大きな地図で 大阪府の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 大阪府