ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 大阪府
太田城
2012/3/24
(2011/8/4訪問)

城址碑と説明板
●概要●
築城年は不明だが、平安時代末期に太田頼基により築かれたと考えられている。一番古い書物では「平家物語巻第四」の1180年4月9日の所に頼基について記載されている。有名なのは『平家物語』巻第十二に記載されている「河原津の合戦」で、1185年10月30日の夜、源頼朝から追討されると噂が流れたため手勢500騎を率いて西国に落ち延びようとする源義経を「我が門の前を通しながら、矢一つ射かけであるべきか」と60騎で追い、安威川沿いで義経に矢を射かけたという戦いである。この戦いでは頼基自身も負傷し敗れたが、鎌倉への忠節を示した勇敢な武将であると称えられている。頼基は多田源氏(摂津源氏)とされることも多いが、大和源氏の祖・源頼親の系統である。ただし、頼親は摂津にも多数の領地があり、その子孫の中で摂津の領地を継承したものと思われる。その後、室町時代の1528年2月、丹波の波多野稙通が主君で管領の細川高国を攻めた際に落城し、そのまま廃城になったと思われる。城跡の大半は東芝の工場となったが、工場建設の際の発掘調査では何も出土しなかったという。

●歴史●
平安時代末ごろ 太田頼基により築かれたと考えられている。
1185(文治元)年 西国に落ち延びようとする源義経と河原津(安威川の太田橋西詰辺り)で合戦になった。
1528(大永7)年 波多野稙通に攻め落とされ、そのまま廃城となった。
1960(昭和35)年 東芝が土地を取得し造成。発掘調査を行ったが、遺物は出土しなかった。
この東芝工場は2008年3月末で閉鎖となった。


道路側から見た所

反対側から

●地図● 大阪府茨木市太田1丁目
TopPage > 大阪府