ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 大阪府
三宅城
2012/3/16記
(2011/8/4訪問)

城址碑と説明板
●概要●
三宅城は室町時代に三宅氏により築かれたが、築城された年には2つの説がある。1つは室町時代初め頃で、1352年に書かれた室町幕府御教書に三宅左衛門の事が書かれており、既にこの時に三宅氏が居館を構えていた可能性がある。もう1つは1504年に三宅出羽守国政が細川高国に命じられて築いたというもの。城地は東西600m、南北540mとかなりの規模であった。その後、三宅氏は他の豪族同様、細川晴元と細川氏綱、後に三好長慶と三好政長の内紛に翻弄された。廃城の時期にも2つの説があり、1つは1548年香西元成に攻め落とされて三宅国政が自刃し廃城となったとする説、もう1つは国政は落ち延びて再度城主に返り咲き、1562年に長慶と敵対した畠山氏に味方したが、畠山氏が本拠地を攻め落とされたため国政は城を捨て、そのまま廃城となったとする説である。現在は市街地となり遺構は残っていないが、堀田・蓮池・大名寺池などの地名から当時の様子が想像される。住宅街に囲まれた蔵垣内公園には城址碑と説明板が設置されている。

●歴史●
1352(観応3)年 室町幕府御教書に三宅左衛門の事が書かれている。
1504(永正元)年 細川高国に命じられて三宅出羽守国政が城を築いたという説もある。
1547(天文15)年 細川氏綱と細川晴元の戦いで、三宅国政は氏綱方であったが、晴元方の三好長慶に取り囲まれて降伏した。
1548(天文17)年 3月29日 三好長慶と三好政長が対立し、政長方の香西元成に攻め落とされる。
6月24日 長慶の弟・十河一存が三宅城を攻め落とし、国政が再び城主となった。
1562(永禄5)年 畠山高政・六角義賢と三好長慶が対立し、三宅国政は六角氏に味方した。戦いは長慶が勝利し、国政は城を捨てて逃げ去ったまま廃城となったという説もある。

●地図● 大阪府茨木市蔵垣内3丁目
TopPage > 大阪府