ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 大阪府
久宝寺城
2012/3/4
(2010/8/2訪問)

城址碑と石碑
●概要●
久宝寺城は室町時代に渋川満貞が城を築いたことに始まる。久宝寺は飛鳥時代に聖徳太子が創建したといわれており、明治時代の神仏分離令までは久宝寺観音院があった。渋川満貞は畠山満基の子で、渋川郡(久宝寺城周辺)を領有したことから渋川氏を名乗るようになった。満貞の嫡子・光重は播州安井郷を受領し、安井と改姓した。安井氏は河内守護・畠山氏に仕えており、1479年に蓮如が久宝寺跡地に西証寺を築く際に協力している。西証寺は周囲に環濠を設けて寺内町を形成し、その支配権は安井氏に委ねられていた。戦国時代になると安井氏は織田信長に仕えるようになったが、信長が石山本願寺と対立するようになり、1577年、一向一揆軍に攻め落とされ城主の安井定重、弟の定正が討死した。寺内町はその後も存続したが、江戸時代に入り本願寺が東西に分裂すると久宝寺御坊内でも対立が生じ、一部門徒は大和川(現・長瀬川)対岸の荒地を開墾し、現在の八尾市中心部となる八尾寺内町を形成した。現在も寺内町時代の町割がそのまま残っており、環濠や土居の一部も名残を留めている。城址碑は通りから1本入り込んだ路地の角にあり、目立った目印も無いため見つけづらい。

●歴史●
室町時代 渋川満貞が渋川郡を拝領し城を築いた。
1479(文明11)年 蓮如が西証寺を築く。安井氏も創建に協力した。
1577(天正5)年 顕如に攻められ落城。城主の安井定重は討死した。


少し離れた所から撮影

石碑(クリックで拡大)

●地図● 大阪府八尾市久宝寺6丁目

大きな地図で 大阪府の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 大阪府