ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 大阪府
黒丸城
(別名・鳥飼砦)
2012/3/17記
(2011/8/4訪問)

城址碑と説明板
●概要●
築城年代および城主、廃城などは不明。室町時代書かれた「細川両家記」で「鳥養」の辺りに何らかの軍事的な拠点があると記載されているのみである。1つめは「同四日(1559年8月4日)に三好方の衆は天王寺まで諸陣くつろげられ候、五日に鳥養に帰陣也。」とある。これは河内守護代・安見直政が守護・畠山高政を紀伊に追放したため、三好長慶が直政を討伐し、高屋城、飯盛山城などを攻め落として畠山高政を河内守護に復帰させた頃である。もう1つは「同廿二日(1570年9月22日)に諸軍敢軍して始め陣所天満森へ被引退候・・・然処に鳥養辺にて御談奮あり。」とある。これは織田信長が三好三人衆と戦った野田城・福島城の戦いでの織田軍ことと思われる。織田軍は優勢に戦いを進め、あと一歩の所まで三好三人衆を追い詰めていた。だが、9月に入り石山本願寺が参戦し、更に織田軍の背後である近江で浅井氏と朝倉氏が挙兵したことで状況が一変した。信長は一度和議を結び畿内からの撤退を余儀なくされており、この時に鳥養に立ち寄ったのである。黒丸城の遺構は何も無く城址碑があるのみであるが、黒廻、城ノ前、内殿、地殿など地名が城の名残として残っている。

●歴史●
1559(永禄2)年 安見直政を破った三好長慶の軍が立ち寄る。
1570(元亀元)年 三好三人衆・石山本願寺と戦った織田信長が退却時に軍議を開く。


城址碑は手前の植え込みの陰にある

反対から見たところ

●地図● 大阪府摂津市鳥飼中2丁目
TopPage > 大阪府