ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 大阪府
古河藩陣屋
2012/3/3記
(2011/8/2訪問)

平野小学校正門前にある陣屋跡の石碑
●概要●
古河藩の陣屋は平野郷にあった。平野郷は平安時代の初め頃、坂上田村麻呂の子・広野麻呂の荘園であり、当時は「広野荘」と呼ばれていたが、後世に訛って「平野庄」と呼ばれるようになったという。その後寄進され、約500年間は宇治平等院の荘園であった。中世には大念仏寺が築かれ、末吉氏を中心に自治都市となっていった。戦国時代には自衛のため環濠を掘ったが織田信長に降伏。豊臣秀吉により環濠は埋められ、有力者は大坂や天王寺などに強制的に移住させられた。そのため、徳川家康による大坂の陣では徳川方に協力的であったという。戦後、荒れ果てた平野郷を整備するため幕府領となり、末吉氏を代官として環濠も掘り直された。その後、一時は川越藩、高崎藩の領地となったが、1713年に古河藩領となりそのまま明治を迎えた。現在、陣屋跡は平野小学校となり、陣屋門が大念仏寺に移築され現存している。

●歴史●
1713(正徳3)年 平野郷が幕府領から古河藩領となる。
天明年間
(1781〜89の間)
土井氏が藩主の時に陣屋が置かれた。
1869(明治2)年 版籍奉還の際に陣屋は廃止された。
1927(昭和2)年 陣屋の門が小学校の正門として使われていた。
1962(昭和37)年 古河藩陣屋門が大念仏寺に移築された。


移築門(大念仏寺南門)

石碑(クリックで拡大)

●地図● 大阪市平野区平野宮町1丁目

大きな地図で 大阪府の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 大阪府