ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 大阪府
岸和田古城
2012/2/26記
(2011/8/2訪問)

城址碑と説明板
●概要●
室町時代になり、鎌倉幕府倒幕に大功のあった楠木正成が和泉国守護となった。正成は甥の・和田(にぎた)新兵衛高家を岸の地に配置し、城を築いたのが始まりであるという。「岸」の地に「和田」氏が城を築いたというのが「岸和田」の由来といわれているが、それは江戸時代になってからのことらしい。後に岸和田城は現在地へ移転するが、その時期は明確ではない。平成18年から19年にかけて行われた発掘調査では、伝承とされていた古城の位置が古図に描かれた配置とほぼ一致することと、本城部分は15世紀後半に修築され、16世紀はじめ頃には廃絶していたことが判明した。現在、古城跡地は宅地造成されており、それまで残っていた土塁などの遺構は全て破壊されている。「和田氏居城伝説地」の石碑と説明板だけが、かつてそこに城があったことを伝えている。

●歴史●
1334(建武元)年 和泉守護となった楠木正成の甥・和田(にぎた)新兵衛高家がこの地に城を築いた。
1382(永徳2)年 山名氏清が楠木氏に代わって和泉守護となり、信濃秦義を岸和田城に配置する。
この時に古城から現在地に移転したとの説がある。
1408(応永15)年 細川頼長が和泉半国の守護となり岸和田古城を居城とする。
以後7代に渡り岸和田細川氏が城主となった。
明応年間
(1500年頃)
和泉守護代として松浦肥前守が赴任し、在任中に古城から現在地へ移転した説もある。
2010(平成22)年 古城跡地は宅地造成されて遺構は消滅。石碑は移され、説明板が設置された。

●地図● 大阪府岸和田市野田町1丁目
TopPage > 大阪府