ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 大阪府
岸和田城
2016/2/22更新
2009/7/20記
(2007/9/17訪問)

復興天守
●概要●
別名「千亀利城」(ちきりじょう)。猪伏山と呼ばれた小高い丘の上にあり、本丸と二の丸を合せた形が、機の縦糸を巻く器具「縢」(ちきり)に似ていることに由来する。城内にある岸城神社は千亀利と「契り」とをかけて、縁結びの神社として知られている。桜の季節は花見の名所となる。
 
●歴史●
1334(建武元)年 摂河泉守護・楠木正成の代官・和田高家が、照日山付近に城を築く。もともと「岸」という地名であったが、和田氏が城を築いた事によって「岸の和田」と呼ばれ、いつしか「岸和田」へ変化したといわれている。
1382(永徳2年)年 山名氏清が和泉守護となり、信濃秦義を岸和田城に配置する。この頃に現在地に築城したとされる。
1408(応永15)年 細川頼長が和泉国の半守護となり、岸和田城の城主となる。
1500(明応9)年 細川元有が畠山尚順に攻められ岸和田城で討死。守護代として松浦肥前守が城主になった。この頃に現在地に移転したとする説もある。
1560(永禄3)年 三好義賢が大規模な改修をし、十河一存、安宅冬康を総大将に兵2800人を籠城させた。岸和田城は、阿波、讃岐、淡路などから摂津、京への交通の要となっており、海を背負った城郭の基礎がこの時に完成したとされる。
1562(永禄5)年 畠山高政との久米田の戦いで三好義賢が戦死。
安宅冬康は岸和田城を退き、代わって細川刑部が城主となった。
教興寺の戦いで三好長慶軍が岸和田城を奪回し、松浦肥前守が城主に復帰した。
1575(天正3)年 松浦肥前守の家来であった寺田又右衛門、寺田安太夫兄弟が松浦肥前守を謀殺し、城主となった。
1576(天正4)年 織田信長が石山本願寺を攻めた(天王寺の戦)。毛利氏が本願寺援助のため兵糧を運搬。和泉国水軍が迎え討ったが大敗した(第一次木津川口の戦)。
1583(天正11)年 豊臣秀吉は中村一氏を城主とし、根来衆、雑賀衆、粉河衆などの一揆衆討伐を命じた。
1584(天正12)年 小牧・長久手の戦の留守を狙い、根来衆、雑賀衆、粉河衆連合軍は兵3万人で侵攻。岸和田城に攻め寄せた。これに対して城兵8000人で対抗した(岸和田合戦)。
1585(天正13)年 秀吉軍は根来衆、雑賀衆、粉河衆連合軍を追討するため岸和田城に入城し、貝塚の諸城を落城させ、最後に積善寺、沢城を開城させた(紀州征伐)。
その後、小出秀政を城主とした。
1597(慶長2)年 5重の天守が竣工。
1619(元和5)年 小出氏転封後、松平康重が入城した。総構えと城下町を整備した。
1623(元和9)年 伏見城より伏見櫓が二の丸に移築された。
1640(寛永17)年 松平康重転封後、高槻城より岡部宣勝が入城。以後、岡部氏13代の居城となる。
城の東側に2重、西側に1重の外堀と寺町を増築。
1827(文政10)年 天守が落雷のため焼失した。以後、再建されなかった。
1871(明治4)年 廃藩置県により廃城となる。
1954(昭和29)年 現在の3重の復興天守が再建された。
1969(昭和44)年 城門、櫓などが復興再建された。

●紀州監視の岸和田城●
岸和田城は大坂城と和歌山城の中間地点にあり、紀州藩の監視の意味で徳川家康の妹の子・岡部宣勝が城主となったといわれている。徳川御三家の一つである和歌山城も相互監視政策に例外ではなかった。江戸城で徳川頼宣が岡部宣勝と対面した時、「貴殿が岸和田に移封されたのは、われらの目付のためだという風聞であるが、いかなる計策をもって紀伊をおさえるつもりか」と問いかけてきたのに対して宣勝は「われら小藩のものが、大大藩の貴殿のおさえるほどの策略を持ち合わせるきずもござらぬが、ただ足の裏に米粒がついたぐらいのことしかできませぬ」という返事をしたという逸話がある。だが、両藩は戦を交えることはなかった。

●だんじり●
1703(元禄16)年、岸和田藩主・岡部長泰が京都伏見稲荷大社を岸和田城内三の丸に勧請し、五穀豊穣を祈願して行った稲荷祭がその始まりと伝えられる。曳き手が走り、速度に乗っただんじりを方向転換させる「やりまわし」を見所として、多くの観光客を集める。現在では各町のだんじりがそれぞれの氏神社に宮入りし、五穀豊穣・無病息災などを祈願する。全国的にも知名度が高く、日本を代表する祭りの一つである。

●案内●
開館時間 10:00〜17:00(入館は16:00まで)
お城まつり期間(4月1日〜15日)は20:30まで(入館は20:00)
休館日 毎週月曜日(ただし休日の場合は開館)
年末年始(12月29日〜1月3日)
お城まつり期間(4月1日〜15日)は無休
入館料 大人300円、中学生以下無料

●地図● 大阪府岸和田市岸城町

大きな地図で 大阪府の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 大阪府