ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 大阪府
茨木城
2011/8/16記
(2011/8/4訪問)

茨木神社にある移築搦手門
●概要●
茨木城は茨木川と安威川に挟まれた所に築かれ、両川を天然の堀としていた。茨木市の中心地であり市街地化されて遺構は残っていないが、旧図や町名などから、東西200m、南北300m程の規模であったと推測される。いつ誰が築城したのかは定かでないが、楠木正成によって築かれたとの説がある。室町時代前半は茨木氏が居城としていたが、荒木村重に攻め滅ぼされ、茨木城は村重と行動を共にしていた中川清秀のものとなった。その後、清秀の子・秀政が播磨三木城へ移りしばらくは羽柴秀吉の直轄となったが、関ヶ原の戦いの後は片桐且元・貞隆兄弟が城主となった。その後、一国一城令により廃城となり、且元の子・孝利は大和龍田城へ、且元の弟・貞隆は大和小泉城へと移って行った。現在、城跡は茨木小学校の敷地となっており遺構は残されていないが、近くの茨木神社に移築された搦手門が残る。また、奈良県大和郡山市小泉にある慈光院の表門も茨木城の門を移築したものであると伝わっている。茨木小学校には、この慈光院の表門を元にして櫓門が復元されている。

●歴史●
建武年間
(1334〜36年の間)
楠木正成により築かれたとの言い伝えがある。
文安年間
(1444〜49年の間)
この頃すでに茨木氏が居城としていた。
1571(元亀2)年 荒木村重に攻められ落城し、城主であった茨木氏は滅亡した。戦後、中川清秀が城主となった。
1578(天正6)年 荒木村重が織田信長に謀反をおこし、中川清秀も同調したが、信長の調略により開城する。
1582(天正10)年 羽柴秀吉に仕えていた中川清秀が賤ヶ岳の戦で戦死。
1586(天正14)年 中川秀政が播磨三木城6万5000石へ移封。茨木城は羽柴秀吉の直轄地となる。
1601(慶長6)年 関ヶ原の戦の後、片桐且元・貞隆兄弟が茨木城の城主となる。
1614(慶長19)年 方広寺鐘銘事件。片桐且元は淀殿から徳川家康に内通しているのではと疑われ、豊臣家と袂を分かつ。片桐且元は大阪城落城の20日後に病死した。
1615(元和元)年 一国一城令により廃城となる。片桐且元の息子・孝利は大和龍田城へ、且元の弟・貞隆は大和小泉城へ移った。


茨木小学校にある復元櫓門

復元櫓門脇にある説明板(クリックで拡大)

●地図● 大阪府茨木市片桐町

大きな地図で 大阪府の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 大阪府