ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 大阪府
原田城
2012/3/11記
(2011/8/4訪問)

説明板と城址碑
●概要●
原田城は築城年および築城者は不明であるが、当地の豪族・原田氏により築かれたと考えられている。北城と南城の2つの城域があり、北城は14世紀頃に築かれ、堀や土塁などが巡らされていた。発掘調査の結果、焼土層が3層見つかっている。北城から南へ300m程離れた所に南城が築かれたのは16世紀後半であり、原田氏は攻め落とされて荒廃した北城に代わって拠点にしたと考えられている。その後、荒木村重が織田信長に反旗を翻した時に大規模な改修が行われ、廃城となっていた北城もこの時に整備されて、中川清秀らが在城した。その後の原田城については不明であるが、慶長年間には廃城となったようである。城跡は昭和に入り羽村氏の住宅となっていたが、近年豊中市の所有となり、土・日曜日限定であるが現存する土塁を見ることができるようになった。

●歴史●
室町時代 14世紀頃に築かれた。応仁の乱の頃にはすでに存在していた。
1541(天文10)年 木沢長政が三好長慶方であった原田城を攻めた。
1547(天文16)年 細川晴元に攻められ落城。この時に北城は廃城になったと考えられる。
1578(天正6)年 織田信長が荒木村重を討伐する際に拠点として使われた。
その際に廃城となっていた北城を改修したと考えられる。
慶長年間
1596〜1615年の間
この時期に廃城になったと考えられる。
1937(昭和12)年 羽村氏が城跡の土地を購入し、住宅を建築。
2009(平成21)年 城跡にある旧羽室家住宅の改修工事が終了し、土日に公開されるようになった。

●地図● 大阪府豊中市曽根西町4丁目

大きな地図で 大阪府の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 大阪府