ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 大阪府
榎並城
(別名:十七箇所城)
2012/3/9記
(2011/8/4訪問)

榎並小学校と城址碑
 
●概要●
榎並城は三好政長により築かれた。周囲を川に囲まれた要害であった半面、水害に弱かった。そのため、築城の際に水難除けを祈念して城内に野江水神社を建てた。政長は三好氏の嫡流である三好元長と仲が悪かったため、主君・細川晴元に讒言して元長を攻め滅ぼした。だが、元長の子・長慶は晴元に政長を討つよう働きかけて失敗すると、晴元の政敵であった細川氏綱側に鞍替えして政長の榎並城を攻めた。政長は半年以上にわたって長慶の攻撃を凌ぎ続けたが、局面を打開しようと江口城へ移った。ここで六角氏の援軍が到着するのを待って逆襲に転じようという作戦であったが、その前に長慶の軍勢により江口城が攻め落とされ、政長は討死した。榎並城は政長の子・政勝が守っていたが、政長が討死したことを知ると瓦林城に撤退した。榎並城はこの時をもって廃城になったと考えられている。政長の敗死により晴元は13代将軍・足利義輝とともに近江へ避難したが、和泉守護である細川晴賢と細川元常も共に逃れたため、長慶はやすやすと和泉も勢力下に収めた。この戦いにより晴元は失脚し、代わって長慶が管領となった。現在、城跡と推定される場所には榎並小学校があり、正門脇に城址碑がある。

●歴史●
1533(天文2)年頃 三好宗三(政長)により城が築かれた。
1548(天文17)年 三好長慶が榎並城の三好政長を攻めた。
1549(天文18)年 6月に政長は江口城に移ったが討死。榎並城を守っていた子の政勝は父の死を知って瓦林城へと移った。この時に廃城になったと思われる。
石山合戦
(1570〜80年)
石山本願寺が織田信長との戦いで、廃城となっていた榎並城を再利用したと考えられている。


城址碑

野江水神社

●地図● 大阪市城東区野江4丁目
TopPage > 大阪府