ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 大阪府
家原城
2012/3/1記
(2011/8/2訪問)

城址碑と説明板
●概要●
築城年代および築城者は不明。戦国時代に三好長慶の家臣・松永久秀の城となった。長慶の弟・十河一存が1561年に急死し、その翌年には三好義賢が畠山高政との久米田の戦いで戦死。畿内に勇名を轟かせた長慶の弟2人が相次いで世を去ると、河内の畠山高政と南近江の六角義賢がともに三好領へ攻め込んだが、久秀がよく戦って彼らを撃退した。このことが久秀の地位を高め、長慶の死後は独立して主家・三好家と争うようになった。家原城は久秀の和泉国での拠点の1つであったが、相次ぐ戦いの中1568年に落城した。説明板に描かれた明治時代の絵図では、城は本丸を中心に西の曲輪と南の曲輪が付随している。その周りを囲むように石津川が流れ、南の大池ともども巧みに防御に利用していることが窺われる。現在城跡の大部分は公団住宅となっているが、南の曲輪の一部が公園(立入禁止)となっており、城址碑と説明板が設置されている。

●歴史●
1566(永禄9)年 三好三人衆との戦いに上之原で敗れ、城兵は岸和田城へ逃れた。
1568(永禄11)年 三好政康の兵5000に攻められ落城。


城址碑

説明板(クリックで拡大表示)

●地図● 大阪府堺市西区家原寺町
TopPage > 大阪府