なぽのホームページ
ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

トップページに戻る なぽのホームページ/大阪府のお城へ なぽのホームページ/日本百名城へ
安威城
●地図・アクセス● 大阪府茨木市安威2丁目 2017/8/16更新(訪問日 2011/8/4)
◆概要◆
築城年代は不明ですが、鎌倉時代より安威氏が当地を治めていたようです。 城の規模は東西180m、南北270mほどで、北の花園山にある安威砦が詰め城でした。 戦国時代には細川氏や三好氏の内紛に巻き込まれますが、安威氏は時代の荒波を乗り越えて所領を守り続けました。 その後、豊臣秀吉に仕えた安威了佐は信頼が厚かったようで、豊臣秀吉の直轄地である茨木城の城代に任命されました。 この時に安威城は廃城となりました。 現在、城跡は住宅街となっていますが、北東と南に土塁が残っているそうです。 また、写真の天王文庫の前には城址碑と説明板が設置されています。

◆歴史◆
1363年、『六波羅密寺文書』に安威氏が登場します。
永正年間(1504〜21年の間)、摂津国守護の細川氏より、安威右近太夫が領地を安堵されました。
1527年2月、波多野稙通に攻められ落城し、安威氏は細川晴元に仕えるようになりました。
1549年6月、江口の戦いで安威弥四郎は三好長慶方として参戦し勝利しました。
1571年5月、和田惟政が安威城を攻め落とし、安威勝宗は領地を奪われました。
1571年8月、池田21人衆方として和田惟政に勝利し、安威勝宗は領地を回復しました。
1586年、安威五左衛門了佐が茨木城の城代となり、安威城は廃城となりました。


説明板と城址碑のある建物

反対側から

説明板と城址碑

城址碑