なぽのブログを検索
なぽのホームページを検索
なぽのホームページ

ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・

そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。

そして気が付いたら全国津々浦々(笑)

これまでに訪問したお城を紹介します。




沖縄県のお城
安慶名城(あげな)うるま市
伊計城(いけ)うるま市
伊祖城(いそ)浦添市
糸数城(いとかず)南城市
伊波城(いは)うるま市
浦添城(うらそえ)浦添市
大里城(おおざと)南城市
御物城(おもの)那覇市
垣花城(かきのはな)南城市
勝連城((かつれん)うるま市
具志川城(ぐしかわ)糸満市
具志川城(ぐしかわ)うるま市
具志頭城(ぐしちゃん)八重瀬町
越来城(ごえく)沖縄市
座喜味城(ざきみ)読谷村
佐敷城(さしき)南城市
首里城(しゅり)那覇市
勢理城(じり)八重瀬町
多々名城(たたな)八重瀬町
玉城城(たまぐすく)南城市
知念城(ちねん)南城市
知花城(ちばな)沖縄市
中城城(なかぐすく)北中城村
今帰仁城(なきじん)今帰仁村
名護城(なん)名護市
南山城(なんざん)糸満市
真壁城(まかべ)糸満市
三重城(みい)那覇市
八重瀬城(やえせ)八重瀬町
山田城(やまだ)恩納村
屋良城(やら)嘉手納町
屋良座森城(やらざむい)那覇市







座喜味城
2016/10/23更新
2012/12/16記
(2012/7/1訪問)

二の郭の石門と一の郭の城壁
●概要●
座喜味城は尚巴志が今帰仁城を攻め落とした後、北山監視の目的で護佐丸に築かせた。標高約120mの丘陵に立地しており、残波岬、恩納村の海岸、那覇や慶良間諸島まで見渡すことができる。築城の際には護佐丸の居城であった山田城の石材を利用している。石積みは布積み、あいかた積み、野面積みの3種類を使い分けており、石門は楔石を用いたアーチ型で独特の技法が用いられている。縄張りは一の郭と二の郭から成り、城壁は曲線が多用されている。太平洋戦争の際には日本軍の砲台が置かれ、戦後は米軍のレーダー基地が置かれるなどしたため一部破壊されたが、返還後に修復された。2000年11月には首里城などとともに世界遺産に登録された。

●歴史●
1420年頃 護佐丸により築かれた。
1440年 護佐丸が中城城へ移る。
2000(平成12)年 琉球王国のグスク及び関連遺産群としてユネスコの世界遺産に登録された。

説明碑

城址碑

城址碑脇の石段を登った所

説明板

入口

上から

石門から

曲線の美しい石垣

●地図● 沖縄県中頭郡読谷村座喜味城原
なぽのホームページ/沖縄県を表示