なぽのブログを検索
なぽのホームページを検索
なぽのホームページ

ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・

そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。

そして気が付いたら全国津々浦々(笑)

これまでに訪問したお城を紹介します。




沖縄県のお城
安慶名城(あげな)うるま市
伊計城(いけ)うるま市
伊祖城(いそ)浦添市
糸数城(いとかず)南城市
伊波城(いは)うるま市
浦添城(うらそえ)浦添市
大里城(おおざと)南城市
御物城(おもの)那覇市
垣花城(かきのはな)南城市
勝連城((かつれん)うるま市
具志川城(ぐしかわ)糸満市
具志川城(ぐしかわ)うるま市
具志頭城(ぐしちゃん)八重瀬町
越来城(ごえく)沖縄市
座喜味城(ざきみ)読谷村
佐敷城(さしき)南城市
首里城(しゅり)那覇市
勢理城(じり)八重瀬町
多々名城(たたな)八重瀬町
玉城城(たまぐすく)南城市
知念城(ちねん)南城市
知花城(ちばな)沖縄市
中城城(なかぐすく)北中城村
今帰仁城(なきじん)今帰仁村
名護城(なん)名護市
南山城(なんざん)糸満市
真壁城(まかべ)糸満市
三重城(みい)那覇市
八重瀬城(やえせ)八重瀬町
山田城(やまだ)恩納村
屋良城(やら)嘉手納町
屋良座森城(やらざむい)那覇市



大里城
2012/7/16記
(2012/6/30訪問)

正殿跡に残る石積み
●概要●
大里城の築城年および築城者は不明だが、山南王・承察度が中山への備えとして弟・汪英紫に築かせたという説がある。山南の拠点は南山城(島尻大里城)というのが定説であるが、三山の1つである山南の拠点としては規模が小さいため、大里城(島添大里城)が山南の拠点であったとする説もある。汪英紫はその後次第に勢力を広げて1388年より独自に明への朝貢を行い、1398年頃には3代目・承察度を滅ぼして山南王となっている。汪英紫は近隣の佐敷按司である尚巴志とは協力関係にあった説がある。だが、そのおよそ30年後に孫の他魯毎(たるみい)が尚巴志により滅ぼされている。城跡は首里城拡張の際に石垣を運んだとされ、更に大里城址公園整備の際にも遺構が破壊されたため明確な城壁はあまり残っていないが、所々にその名残が残されている。集落の共同水源であった「包井(チチンガー)」だけは石垣は良く保存されている。

●歴史●
14世紀 汪英紫により築かれたとされる。
1398年頃 3代目・承察度を滅ぼし汪英紫が山南王となる。
15世紀 首里城拡張のため石垣が用いられたとされる説がある。


一の郭

一の郭にある説明板(クリックで拡大)

●地図● 沖縄県南城市大里(大里城址公園)
なぽのホームページ/沖縄県を表示