なぽのブログを検索
なぽのホームページを検索
なぽのホームページ

ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・

そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。

そして気が付いたら全国津々浦々(笑)

これまでに訪問したお城を紹介します。




沖縄県のお城
安慶名城(あげな)うるま市
伊計城(いけ)うるま市
伊祖城(いそ)浦添市
糸数城(いとかず)南城市
伊波城(いは)うるま市
浦添城(うらそえ)浦添市
大里城(おおざと)南城市
御物城(おもの)那覇市
垣花城(かきのはな)南城市
勝連城((かつれん)うるま市
具志川城(ぐしかわ)糸満市
具志川城(ぐしかわ)うるま市
具志頭城(ぐしちゃん)八重瀬町
越来城(ごえく)沖縄市
座喜味城(ざきみ)読谷村
佐敷城(さしき)南城市
首里城(しゅり)那覇市
勢理城(じり)八重瀬町
多々名城(たたな)八重瀬町
玉城城(たまぐすく)南城市
知念城(ちねん)南城市
知花城(ちばな)沖縄市
中城城(なかぐすく)北中城村
今帰仁城(なきじん)今帰仁村
名護城(なん)名護市
南山城(なんざん)糸満市
真壁城(まかべ)糸満市
三重城(みい)那覇市
八重瀬城(やえせ)八重瀬町
山田城(やまだ)恩納村
屋良城(やら)嘉手納町
屋良座森城(やらざむい)那覇市


御物城
2012/7/16記
(2012/6/30訪問)

埠頭から見た遠景
●概要●
築城年や築城者は不明だが、琉球王朝の宝物庫として使用されていたこと、首里城が本格的に使用されたのが1406年に中山王・武寧を滅ぼした後からであること、1459年に金丸(後の尚圓王)が御物城を管理する役職に任じられたことなどから15世紀前半に築かれたと考えられる。当時那覇港は明や朝鮮との貿易により栄え、周辺には渡来人が集落を営むなど大変なにぎわいであったという。だが、明治になると建物は解体され、跡地に高級料亭「風月楼」ができた。この料亭も沖縄戦で焼失し、戦後はアメリカ軍施設が建設されて立入禁止となった。かつては小島であったが現在は地続きであり、明治橋やフェリー乗り場のある埠頭などからよく見える。

●歴史●
15世紀前半? 琉球王朝の宝物庫として築かれる。
1459年 金丸(後の第二尚氏王統初代王・尚圓王)が尚泰久王より御物城御鎖之側に任じられたため、この頃には既に築かれていた。
明治〜昭和 高級料亭「風月楼」があった。
1945年以降 城跡に米軍施設が建設される。

●地図● 沖縄県那覇市通堂
なぽのホームページ/沖縄県を表示