なぽのホームページ
ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

トップページに戻る 沖縄県のお城 日本100名城・続日本100名城
今帰仁城
●地図・アクセス● 沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊 2016/2/16更新(訪問日 2012/7/1)
◆概要◆
築城年および築城者は不明ですが、13世紀には築かれていたと考えられています。 当初は岩山の頂上部を削平して東西に土止めの石を積み、周囲には柵で囲まれているだけだったと考えられていますが、勢力が拡大するにつれて城域も広がり、周囲を頑強な石垣で囲むようになっていきました。 代々北山王の居城でしたが、1322年に羽地按司の怕尼芝により攻め落とされ、以後、怕尼芝が北山王となり居城としました。 その後、尚巴志により北山王朝が滅ぼされてからは山北監守が置かれ、琉球北部の統治に当たりました。 中央集権が強化された第二尚氏王朝になってからも、例外的に監守が置かれ続けています。 1609年には薩摩藩による侵攻に遭い焼失しましたが、1669年頃までは監守が置かれていました。 その後は荒れるに任せていましたが、住民の信仰の拠り所となっていました。 城跡は昭和37年の平郎門をはじめ、修復が進められています。 2000年には首里城跡などとともに「琉球王国のグスク及び関連遺産群」としてユネスコの世界遺産に登録されました。

●100名城スタンプ設置場所●
 今帰仁グスク交流センター
 開場時間:8時〜18時(入場は17時半まで)
      ※5月〜8月は8時〜19時(入場は18時半まで)
 休場日:年中無休(臨時休場あり)
 観覧料:大人400円、小中高生300円

外郭の石垣

平郎門(外側)

平郎門(内側)

志慶真門郭

志慶真門郭から見た主郭の石垣

主郭から見た御内原
トップページに戻る 沖縄県のお城 日本100名城・続日本100名城