なぽのブログを検索
なぽのホームページを検索
なぽのホームページ

ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・

そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。

そして気が付いたら全国津々浦々(笑)

これまでに訪問したお城を紹介します。




沖縄県のお城
安慶名城(あげな)うるま市
伊計城(いけ)うるま市
伊祖城(いそ)浦添市
糸数城(いとかず)南城市
伊波城(いは)うるま市
浦添城(うらそえ)浦添市
大里城(おおざと)南城市
御物城(おもの)那覇市
垣花城(かきのはな)南城市
勝連城((かつれん)うるま市
具志川城(ぐしかわ)糸満市
具志川城(ぐしかわ)うるま市
具志頭城(ぐしちゃん)八重瀬町
越来城(ごえく)沖縄市
座喜味城(ざきみ)読谷村
佐敷城(さしき)南城市
首里城(しゅり)那覇市
勢理城(じり)八重瀬町
多々名城(たたな)八重瀬町
玉城城(たまぐすく)南城市
知念城(ちねん)南城市
知花城(ちばな)沖縄市
中城城(なかぐすく)北中城村
今帰仁城(なきじん)今帰仁村
名護城(なん)名護市
南山城(なんざん)糸満市
真壁城(まかべ)糸満市
三重城(みい)那覇市
八重瀬城(やえせ)八重瀬町
山田城(やまだ)恩納村
屋良城(やら)嘉手納町
屋良座森城(やらざむい)那覇市



具志川城(糸満市)
2012/7/4記
(2012/6/30訪問)

城門跡
●概要●
具志川城は喜武岬のすぐ西にある断崖に築かれ、海側から一の丸、二の丸の順に構成されている。石垣は珊瑚石による野面積みで、城門や曲輪の外周を囲んでいる。二の丸には火吹き穴と呼ばれる垂直な穴があり、海に通じているため非常時の脱出に使われたと考えられる、城の規模は東西約80m、南北約30mであり、沖縄のグスクとしては小規模な部類に入る。沖縄には同名の「具志川城」があと2つあり、伝承によれば久米島の具志川城が真仁樽に攻められ落城し、城主・真金声按司が本島に逃れて同名の城を築いたとされる。うるま市にあるもう1つの「具志川城」も海岸沿いにあり、真偽は不明だが規模や構造がとてもよく似ている。記録が無く築城年は不明だが、発掘調査では13世紀中頃から15世紀中頃までの中国製陶磁器が出土している。2000(平成12)年より石垣の修復工事が行われており、場所によっては真新しい石が積まれている箇所もある。

●歴史●
13世紀中頃? 久米島から逃れて来た真金声按司により築かれた。
2000年 石垣の修復事業が開始される(〜2012年までの予定)

●写真●

火吹き穴と城壁

城址碑と現地説明板

●地図● 沖縄県糸満市喜屋武
なぽのホームページ/沖縄県を表示