なぽのブログを検索
なぽのホームページを検索
なぽのホームページ

ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・

そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。

そして気が付いたら全国津々浦々(笑)

これまでに訪問したお城を紹介します。




沖縄県のお城
安慶名城(あげな)うるま市
伊計城(いけ)うるま市
伊祖城(いそ)浦添市
糸数城(いとかず)南城市
伊波城(いは)うるま市
浦添城(うらそえ)浦添市
大里城(おおざと)南城市
御物城(おもの)那覇市
垣花城(かきのはな)南城市
勝連城((かつれん)うるま市
具志川城(ぐしかわ)糸満市
具志川城(ぐしかわ)うるま市
具志頭城(ぐしちゃん)八重瀬町
越来城(ごえく)沖縄市
座喜味城(ざきみ)読谷村
佐敷城(さしき)南城市
首里城(しゅり)那覇市
勢理城(じり)八重瀬町
多々名城(たたな)八重瀬町
玉城城(たまぐすく)南城市
知念城(ちねん)南城市
知花城(ちばな)沖縄市
中城城(なかぐすく)北中城村
今帰仁城(なきじん)今帰仁村
名護城(なん)名護市
南山城(なんざん)糸満市
真壁城(まかべ)糸満市
三重城(みい)那覇市
八重瀬城(やえせ)八重瀬町
山田城(やまだ)恩納村
屋良城(やら)嘉手納町
屋良座森城(やらざむい)那覇市



知念城
2012/7/14記
(2014/6/30訪問)

新城の正門
●概要●
知念城は12世紀末頃に岩山の頂上を中心に古城が築かれた。古城は野面積みの低い石垣に囲まれており、知念按司が代々居城としていたと考えられる。その東側に隣接して15世紀に内間大親により新城が築かれた。当時の知念城は古根大親が治めていたが、古根大親には子が無かったため第二尚氏王朝2代・尚真の異母兄弟である内間大親が養子とされた。内間大親は武勇に優れ、善政を敷いたため村民に慕われていたという。新城は高さは3m程の切石積みの石垣に囲まれている。正門と裏門が現存しており、いずれも美しいアーチ型の石門である。新城には礼拝所が置かれていたが、1729年に瓦葺に改められて知念番所(役所)が置かれた。知念番所は1903年に知念集落が麓へ移転するまで行政の中心地であった。

●歴史●
12世紀末頃 古城が築かれたと考えられる。 
15世紀後半 内間大親により新城が築かれた。
1729年 礼拝所が瓦葺に改められ、知念番所が置かれた。
1903(明治36)年 知念集落が移転したため、城にあった番所が廃止された。

●写真●

駐車場にある説明板(クリックで拡大)

城址碑

●地図● 沖縄県南城市知念
なぽのホームページ/沖縄県を表示