ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 岡山県
成羽陣屋
2010/8/15記
(2010/8/1訪問)

大手門跡
●概要●
もともとは背後の鶴首山に山城があり、江戸時代に成羽に入封した山崎家治がその山麓に築いたのが成羽陣屋の始まりである。平安時代終わりの1189年、奥州平定に功績のあった河村四郎秀清が鶴首城を築いたと伝えられている。1533年に備中の戦国大名・三村家親が城郭を整備拡張して本拠とした。その後、1561年、三村家親・元親父子は本拠を備中松山城に移した。鶴首城は一族の三村親成・親宣父子が城主となった。1566年、宇喜多直家によって三村家親が暗殺されると、備中兵乱が激化した。三村元親は織田信長に味方し、これに反対した親成父子は三村一族から離反して毛利氏に味方し、三村親重が城主となった。1575年に毛利氏により攻略されると、再び親成・親宣父子に安堵された。1600年にあった関ヶ原の戦いの功績により、成羽には岡家俊が入城した。しかし、1614年の大坂の陣で家俊の長男・岡平内が大坂方に味方したため、大坂落城後、家俊は切腹させられた。1617年、成羽に移封された山崎家治が入部したが、山麓に御殿を築いたため、鶴首城は廃城となった。現在、跡地には小学校や役場、美術館などが建てられているが、陣屋の周りを囲った石垣や武者走りを伴う土塀などの遺構が良好に残っている。

●歴史●
1639(寛永16)年 水谷勝隆によって築城が開始された。
1642(寛永19)年 水谷勝隆が備中松山城に転封となる。
1658(万治元)年 山崎家治の次男・豊治が宗家を継ぐことを許され成羽郷を与えられた。水谷勝隆が築城しかけていた陣屋を完成させた。

●地図● 岡山県高梁市成羽町下原
TopPage > 岡山県