ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

なぽのブログを検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 大分県
岡城
【2015.1.3更新】
2008/8/5訪問

普請方跡付近
 
●概要●
1185年、緒方惟義が源頼朝に追われた源義経を迎えるために築城したとされる。1334年には大友氏一族の志賀貞朝により拡張され、岡城と名付けられた。さらに、戦国時代に入封した中川秀成により改修された。岩盤の台地の上に築かれたため、台風や地震、火事などの被害を多く受け、特に明和年間(1764〜71年)の火事では城の大半を焼失している。明治維新後、廃城令によって廃城とされ、1871(明治4)年から翌年にかけて城内の建造物は全て破却された。現在残っているのは高く積み上げられた石垣のみである。「荒城の月」作曲者・瀧廉太郎は幼少期を竹田で過ごしており、この岡城にて曲のイメージを得たといわれている。

●歴史●
1185(文治元)年 大野郡緒方荘の豪族・緒方惟栄が源義経を迎えるため築いたと伝えられる。
1369(応安2)年 大友氏一族の志賀貞朝が後醍醐天皇の命を受け、岡城を修築して北朝と戦った。
1586(天正14)年 志賀親次は島津の大軍に攻められたが守り切り、豊臣秀吉から感状を与えられた。
1593(文禄2)年 大友義統が改易されると同時に志賀親次も城を去った。
1594(文禄3)年 中川秀成が入部。城の改修を行い現在見られる形になった。
1871(明治4)年 廃藩置県により中川氏が東京に移住。
1874(明治7)年 城の建物は入札により全て取り壊された。


大手門跡

三ノ丸の石垣

近戸門跡


豊後国岡城之図 中川久昭

●100名城スタンプ設置場所●
観覧料徴収所
観覧料 高校生以上300円、小・中学生150円
観覧時間 9:00〜17:00

●地図● 大分県竹田市竹田

より大きな地図で 大分県の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 大分県