中津城
●地図● 大分県中津市二ノ丁本丸 2019年8月29日更新(訪問日 2009年1月1日、2019年8月8日)
◆概要◆
1587年に豊前国6郡を与えられた黒田如水により築かれました。 周防灘に臨む山国川の支流・中津川河口にあって堀には海水が引き込まれており、今治城・高松城と並んで日本三大水城の一つに数えられています。 ほぼ直角三角形をした縄張りであったため、別名「扇城」とも呼ばれていました。 天守が建てられたかどうかは不明ですが、建てられなかったという説の方が有力です。 江戸時代の絵図には天守は描かれておらず、鉄門脇の三重櫓が天守の代用となっていたと考えられています。 現在、本丸の北東隅櫓跡に五重五階の模擬天守と二重櫓がありますが、これは萩城天守を模して鉄筋コンクリート造で建てられたものです。

●続日本100名城スタンプ設置場所●
 天守内にある売店
 開館時間:9時〜17時(入館は16時40分まで)
 入館料:大人400円、小中学生200円
 休館日:年中無休

模擬天守(2009年)

模擬天守(2019年)

内側から見た模擬天守

三の丸

松の御殿跡付近の石垣

鉄御門跡

水門跡

内堀

内堀

黒御門跡

黒御門跡

黒御門跡

薬研堀

左が細川氏、右が黒田氏の石垣

黒田如水と光姫の像